teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


とある夜の物語97

 投稿者:jboy  投稿日:2017年11月 6日(月)18時35分44秒
  と〇「今日は超盛りブラにパッドを追加しました。どうだ ̄^ ̄

俺 「変化なし!! 無駄な努力σ^┰゜



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 
 

とある夜の物語 96

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時23分30秒
  と〇「チョーモ リブラ 買ったんだ^▽^

俺 「なにそれ? 新しいゲーム?目

と〇「チョーモリブラ!

俺 「?

と〇「超盛ってるブラジャー!!

俺 「'_';

俺 「それで反響は?目

と〇「誰も気づかない`へ´

俺 「_(.・)/ ドテ」




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語95 in 赤羽

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時20分26秒
  俺 「またノートパソコン買っちゃったウッシッシ

こ○「また?信じられない´_`一つ頂戴´Д`

俺 「何するの?目

こ○「えっ?えーとー・・・ インテリアウッシッシ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語94

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時17分59秒
  と○「この前しまむらでブラ買ったらMサイズでぜんぜんいけた^▽^

俺 「ブラってS、M、Lで買うのか?目あぁ~Kids用かぁ'_';



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語93

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時15分44秒
  マミー「お支払いは3万円になりますキラキラ

俺  「居酒屋じゃなかった↓





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語92

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時14分18秒
  る○「飲んでぇビール食べてぇピザ唄ってぇカラオケいぇーいクラッカー

ゆ○「飲んでぇビール食べてぇピザ唄ってぇカラオケいぇーいクラッカー

俺 「まるで居酒屋の女子会状態じゃん汗




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語91

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時11分50秒
  る○「ヌーベルもも○やまさんも久しぶり~^▽^

俺 「そうだねー^▽^

る○「じゃあ えび餃子うずらの卵からあげ焼きそばピザキラキラスパーク

俺 「完全にパワーアップしてる´Д`




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語90 in 新宿

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時09分28秒
  俺 「しかし・・・よく・・・」

こ○「ああ もうそれ飽きたから・・・ ̄^ ̄]





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語89

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)13時07分8秒
  は○な  「今日 私 清楚だと思わない?目

さわやか?「清楚というのは・・・たとえば皇室の人とか・・・σ^┰゜

は○な  「私硬筆やってたもん!ちなみに毛筆の人は?目

さわ知り 「は 話が噛み合ってない´Д`

俺    「話題変えれば?・・・×o×





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語88

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)12時00分34秒
  バレンタインデーが近づく
    ↓
店にチョコがあると連絡が入る
    ↓
のこのこと店に行きチョコをもらう
    ↓
1万円近く払って帰る
    ↓
ホワイトデーが近づく
    ↓
キャスト全員分のクッキーをを発注する
    ↓
クッキーが届き店に運ぶ ←今ここ
    ↓
クッキーをわたす
    ↓
1万円近く払って帰る
    ↓
バレンタインデーなんか無くなれーと思う




ノンフィクションです。
 

とある夜の物語87in新宿

 投稿者:jboy  投稿日:2017年 9月29日(金)11時55分57秒
  俺  「しかし・・・ よく食べるなぁ汗 その4

〇き 「ほっとけ ̄^ ̄ その4




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語86

 投稿者:jboy  投稿日:2015年 5月27日(水)15時26分59秒
  俺 「営業が多くの女性をリサーチして・・・目

と○「ふむふむ・・・^▽^

俺 「営業開発会議を経て・・・目

と○「はいはい・・・^o^

俺 「技術屋が設計試作を繰り返し・・・目]」

と○「なるほど・・・*^_^*

俺 「そうやって苦労してできたパッドをなぜ使わないの?目

と○「_(.・)/ ドテ 」



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語85

 投稿者:jboy  投稿日:2015年 5月27日(水)15時07分9秒
  俺 「洗濯板・・・ウッシッシ

と○「うるさい`へ´触れるもんなら触ってみろ ̄^ ̄

俺 「触ってもいいけど・・・ば 場所がわからん・・・目

と○「一番でっぱってるところだろうが・・・`へ´

俺 「わかった!ここだヒラメイタ!どうだぁOK

と○「うっ汗そ そこは・・・ 肩甲骨だろうがドクロ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語84 in 赤羽

 投稿者:jboy  投稿日:2015年 5月27日(水)15時04分15秒
    俺  「しかし・・・ よく食べるなぁ汗 その3

  こ〇 「ほっとけ ̄^ ̄ その3




  この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語83

 投稿者:jboy  投稿日:2015年 5月27日(水)15時00分38秒
  は○な「マスターとだ○さん難しい話で入れなかった×o×でも後学の為にメモしておいたOK

俺  「何メモしたの?目

は○な「レアハウスヒラメイタ!中国に多いんだって^▽^

俺  「れ レアハウス・・・'_';中国・・・'_';

は○な「どんな風にめずらしい家なんだろハートx2

俺  「_(.・)/ ドテ 」



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語82 in 大宮

 投稿者:jboy  投稿日:2015年 5月26日(火)15時31分43秒
  こ○「も○ちゃんヒラメイタ!小銭いっぱい持ってるよね目UFOキャッチャーやろうハートx2

俺 「・・・'_';

こ○「あの熊さんがほしいクマ・・・うーん`へ´なかなか取れない´_`

俺 「・・・'_';'_';

こ○「だめだ~×o×何回やっても取れない・・・も○ちゃん何とかして!!

俺 「おーい´Д`そこの店員!これ詐欺じゃないか?何回やっても取れない ̄^ ̄

店員「そ そんなことないです汗お尻が重たいのでそこを掴むように・・・'_';

こ○「やっぱしだめだ~×o×どうしても取れない汗]

俺 「おーい店員´Д`やっぱり詐欺だろ ̄^ ̄もっと落ちやすいところに移動しろ!触れたら落ちるように ̄^ ̄

店員「わ わかりました汗酔っ払い恐ろし・・・TдT

こ○「やったー\(^o^)/取れた~クラッカー祝

俺 「よかったね~キラキラ]

こ○「3000円使ったけどねウッシッシウッシッシウッシッシ

俺 「´_`´_`´_`



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語81 in 六本木

 投稿者:jboy  投稿日:2015年 5月26日(火)15時28分11秒
  俺 「あれ汗マミーからメールが来てる目]

  Eメール昨日はさいたまにいらっしゃいますか?葛飾?みゆ今週、今日だくなんですが…Eメール

俺 「!?・・・わけわからん・・・クラクラ]

こ○「ああ ママ携帯スマホに換えたんだよケータイきっとウッシッシ]

俺 「それにしたってひどすぎ・・・'_';


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語80

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時24分54秒
  マミー 「あのー・・・カードでお支払い金額落とせないんですけど・・・汗

俺   「えー´Д`もう口座に残高ないんだろうか汗娘達がバクバク食うからなぁ'_';

さ○り 「私今日何も食べてないもん ̄^ ̄

俺   「そうか'_';最近る○もいないし変だな・・・'_';

マミー 「いやそういう問題ではなくて渡されたのがETCカードですから・・・汗

俺   「´_`´_`´_`


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語79

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時22分42秒
  俺コート  「お前の主人こんなに焼肉好きだったっけ?目

こ○コート 「私冬しか知らないけど今シーズン初めてみたい目

俺コート  「しかしお前の主人よく食べるな~'_';

こ○コート 「あなたの主人だってビールがぶ飲みじゃない'_';

俺コート  「お前の主人6Kgも太ったらしいぞ`へ´

こ○コート 「主人はコートが小さくてきついって言うけど私は小さくなってない ̄^ ̄

俺コート  「そろそろ俺たちも焼肉臭くなってきた汗

こ○コート 「ほんとだ↓



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語78

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時20分2秒
  ○よ 「も○ちゃん 私ヌー復活するかもハートx2]

俺  「えーっ'_';

○よ 「そのときは必ず連絡するからねチョキ]

俺  「えーっ´Д`

○よ 「さて なに食べようかな!?スパーク

俺  「ええーっ×o×


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語77

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時18分26秒
  さ○り 「最近携帯の調子が悪い汗空メールが行っちゃうんです汗

俺   「携帯のせいにしてるんだウッシッシ

さ○り 「だってほんとだもの ̄^ ̄あとケーキ焼いたんだけど真っ黒こげでバレンタインあげれませんTдT

俺   「どうせそれもオーブンのせいにするんでしょウッシッシウッシッシ

さ○り 「いいえ`へ´すぐに焦げる軟弱なアップルパイが悪いんです。 ̄^ ̄ ̄^ ̄

俺   「いったいどんなアップルパイ作ろうとしたんだ!?×o××o×



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語76

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時13分39秒
編集済
  と○ 「私~食物連鎖って知ったんだOK

俺  「じゃあ 食物連鎖の頂点は?目

と○ 「頂点!?う~ん・・・'_';わかったヒラメイタ!る○さんクラッカー

俺  「お お前いつか殺される!!´Д`´Д`



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語75

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時12分38秒
  と○ 「私も~チョキえーとエビぎょうざポテトフライスパークスパーク

俺  「と と と○がる○化してきてる・・・´Д`´Д`´Д`]



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語74

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 2月18日(火)18時35分36秒
 


る○ 「ほんとにひさしぶり~ヒラメイタ!とりあえずチーサラとイカの一夜干ねクラッカー

俺  「あ~ ヌーベルに戻ってきたんだなぁ~'_';


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます


 

とある夜の物語73 in 西伊豆

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 2月18日(火)18時33分48秒
編集済
 


俺  「どうしてまたここにいるんですかぁ汗

こ○ 「がはははは~ウッシッシウッシッシ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます


 

とある夜の物語72 in 上野

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 2月18日(火)18時31分37秒
編集済
 


俺  「さっきから何なさってんですか?目

こ○ 「酔っ払ってるでしゅ~クラクラ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます


 

とある夜の物語71

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 2月18日(火)18時16分28秒
 

こ○ 「読売優勝したんだから 今日は思い切りおごりなさいよ ̄^ ̄

俺  「毎回 思い切り おごらされてますが・・・'_';





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語70

 投稿者:jboy  投稿日:2014年 2月10日(月)18時14分45秒
編集済
 

何で俺が・・・汗

こんなめに・・・汗

みんなこやつのせいだ!!ドクロ

 

とある夜の物語69

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 9月19日(木)08時30分7秒
 

る○ 「えびギョーザ生ハムサラダ冷やしトマトヒラメイタ!どれがいい?目

俺  「お好きなものをどうぞ'_';

る○ 「じゃあ えびギョーザ冷やしトマトキラキラ

俺  「やっぱし汗オーダーの時は~が~になっちゃう´_`不思議だ汗


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語68

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 9月19日(木)08時26分19秒
編集済
 

う○  「あ~汗またやっちゃったぁ´_`

さ○う 「どうしたの?目

俺   「どうせまたグレンフィディックをお茶で割ったんでしょ'_';

う○  「ごめんなさーい'_';

さ○う 「会長目ずいぶん冷静ですね!?

俺   「はい汗もう慣れましたから・・・´_`

この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語67 in 新宿

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 7月 2日(火)14時16分15秒
 

新宿メモリーズ

リリーベイビーズ&亜衣 スーパーセッションキラキラ

あれっ・・・汗ひ 一人多い・・・´_`

ノンフィクションです

 

とある夜の物語66 in 池袋

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 7月 2日(火)14時13分58秒
  俺  「しかし・・・ よく食べるなぁ汗 その2

こ〇 「ほっとけ ̄^ ̄ その2




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語65

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 6月13日(木)18時26分33秒
  る○ 「さすが も○やまさん!イギリッシュキラキラ

俺  「い いっ イギリッシュ・・・'_';'_';'_';




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語64

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 6月13日(木)18時02分54秒
  俺  「で 決まったの?

る○ 「うんキラキラ チーズサラミとえびギョーザクラッカー

俺  「_(.・)/ ドテ 」




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語63

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 6月13日(木)17時57分6秒
  る○ 「チーズサラミとチーズ盛り合わせとどっちにしようかな~?

俺  「・・・汗


る○ 「どっちがカロリー低いと思う?

俺  「・・・'_';




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

てなわけで・・・

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 6月13日(木)17時54分24秒
  バンド名

YASAI STICK MIKA BAND


メンバー


〇か   VOCAL KEYBOAD

お〇た  VOCAL BASS

こ〇やま DRUMS

俺    GUITAR

さ〇う  BACK DANCERS '_';

し〇   BACK DANCERS´Д`

か〇い  BACK DANCERS´Д`´Д`



       活動の予定は ありません・・・
 

とある夜の物語62

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 6月13日(木)17時52分20秒
  〇か  「ねぇ 私とチームカウンターでバンド作ろうよ目

お〇た 「え~っ汗 ´_`

俺   「え~っ汗 ´_`




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語61

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 2月27日(水)11時05分56秒
  る〇 「明日はヌーで何も食べないようにしようっとパンチ

俺  「そんなことできないよ目 きっとウッシッシ

る〇 「できるよ ̄^ ̄ じゃあ賭けようか!?目

俺  「いいよヒラメイタ! なに賭ける?目

る〇 「うーん・・・ じゃ チョリソークラッカー

俺  「_(.・)/ ドテ 」




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語60

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 2月 8日(金)17時24分52秒
  〇か 「食べなよ目

俺  「いい'_';

〇か 「それなりにおいしいよ´_`

俺  「いや、いい'_';



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます。
 

とある夜の物語59

 投稿者:jboy  投稿日:2013年 2月 8日(金)17時08分54秒
  俺  「あの~汗 生ハムサラダ チョリソー用ソースかけっておいしいんですか?目

〇か 「´_`´_`´_`



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語58

 投稿者:jboy  投稿日:2012年12月20日(木)09時08分38秒
    マミー 「ゆ〇なちゃんヒラメイタ!それ食べたらこっちに来て洗い物してくれる?目

  ゆ〇な 「あの~ これ ホッカイロなんですけど・・・汗

  俺   「新人にこれ食べさせるのはきついでしょウッシッシウッシッシウッシッシ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
 しておきます
 

とある夜の物語57

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月30日(金)09時40分13秒
 


俺  「る〇がつくと どうして俺の前がこんなになっちゃうんだろ~汗

る〇 「クラッカー







この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます




 

とある夜の物語56

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月29日(木)10時02分50秒
 


る〇 「えーと♪ チョリソーと・・・冷やしトマトとえびギョーザかわいい

俺  「ここは食堂か!?ドクロ







   この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます



 

とある夜の物語55

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月20日(火)16時27分49秒
  〇か 「いらっしゃ~い♪ 今日 私 下痢なの汗

俺  「のっけの会話がそれかい汗`へ´





  この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語54

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月20日(火)16時17分6秒
  俺  「ところで・・・'_'; 焼酎のお茶割り春巻き入りっておいしいんですか?

う〇 「×o××o××o×



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語53

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月20日(火)16時14分50秒
  う〇 「あ~!! グレンフィディックをお茶で割ってた'_';

俺  「どうりで微妙に味が・・・フラフラ




  この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語52

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月20日(火)16時12分19秒
  る〇 「ぷふぁ~♪ ビール旨い↑ビール

俺  「あの~ それ俺のグラスなんですけど・・・ドクロ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしてお
  きます
 

とある夜の物語51

 投稿者:jboy  投稿日:2012年11月20日(火)16時10分53秒
  る〇「Happy Birthday♪

俺 「ありがとうキラキラ

る〇「How much?目

俺 「??? ひょっとして How old are you?かな?

る〇「ぎゃー汗汗ばかがばれる~ドクロドクロドクロ

俺 「る〇にはお安くお譲りしますウッシッシウッシッシウッシッシ





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語50

 投稿者:jboy  投稿日:2012年10月23日(火)08時13分35秒
  俺  「ノーベル賞バンザイ\(^o^)/

ずぶ 「iPS細胞すばらしーキラキラ

俺  「ヌー女の子足りないって言うからiPS細胞で作っちゃえば良いのにヒラメイタ!

ずぶ 「マミー4人になったりして・・・汗

俺  「えーっ'_'; で できればう〇のほうが・・・'_';

ずぶ 「激しく同意!!



*ずぶ=ずぶ〇っかさん



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしてお
 

とある夜の物語49

 投稿者:jboy  投稿日:2012年10月23日(火)08時11分46秒
  俺  「何か食べるのか?目

〇よ 「う~ん汗太るからなぁ'_';

俺  「じゃあ やめとくか・・・ヒラメイタ!

〇よ 「えぇーっ'_'; じゃあ 竜田揚げ・・・言わザル

俺  「小声で言ってもカロリー変わらないから・・・ウッシッシ

〇よ 「竜田揚げ?・・・目

俺  「疑問符つけても同じだし・・・ウッシッシ

〇よ 「たっ 竜田揚げっ!!´Д`

俺  「叫ばなくてもいいから・・・´_`




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしてお
きます
 

とある夜の物語48

 投稿者:jboy  投稿日:2012年10月23日(火)08時09分31秒
  俺  「しかし・・・ よく食べるなぁ汗

こ〇 「ほっとけ ̄^ ̄





  この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語47

 投稿者:jboy  投稿日:2012年 5月25日(金)11時49分37秒
  し○うこ 「私 就活で名古屋行ってきたのでお土産のお菓子買って来ました!

俺    「ありがとう*^_^*

し○うこ 「でもあんまりおいしくないの汗 でも も○やまさんには特別に2つ^▽^

俺    「おいしくないの2つって・・・'_';

し○うこ 「だって おいしくないのと おいしくないので おいしくなるでしょウッシッシ

俺    「長年技術屋やってるけどそんな理論聞いた事ないフラフラ




  この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしてお
  きます
 

とある夜の物語46

 投稿者:jboy  投稿日:2012年 3月15日(木)21時26分46秒
  る○   EメールEメールラーメン食べたいウッシッシ EメールEメール

俺    EメールEメールい 今ヌーに来たばっかり汗 もっと早く連絡くれれば´_` EメールEメール

る○   EメールEメールやだやだ!!ラーメン食べたい!! EメールEメール

俺    EメールEメールわ わかった汗 店出るよ´_` 何時に何処?目 EメールEメール

る○    EメールEメール10分後に南与野 ´Д`EメールEメール

俺    EメールEメールえー'_'; タクシー呼ぶからもう少し待ってよ汗 EメールEメール

る○    EメールEメール私がヌー行けば良いか 目EメールEメール

俺      EメールEメールそうしてくれると助かる↑ ヌーにもラーメンラーメンあるし EメールEメール



る○   「お待たせ~^o^

俺    「じゃあ ラーメンラーメン目

る○   「生ハムサラダパンチ

俺    「_(.・)/ ドテ 」




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしてお

きます
 

とある夜の物語45

 投稿者:jboy  投稿日:2012年 2月10日(金)08時24分12秒
  ○な 「ブログ(とある44)絶対消してよ!!じゃなきゃ殺す ̄^ ̄

俺  「´Д`

○よ 「ブログ消してあげなよ^o^じゃなきゃ食す^▽^

俺  「?



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語44

 投稿者:jboy  投稿日:2012年 2月 2日(木)16時36分37秒
  ○な 「えー!? 恥ずかしいよ汗

俺  「俺とお前の仲じゃないか♪ いいだろ!?

○な 「えー汗 うーん´_` ○8Kg`へ´ 誰にも言わないでよ!!

俺  「はーいヒラメイタ! 誰にも言いませーんウッシッシ


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語43

 投稿者:jboy  投稿日:2012年 1月13日(金)17時21分39秒
  じ〇んこ「りょ〇ち~んv▽v

俺   「うげっ汗酔ってるからって両手両足で抱きつくことないだろ!!こ 腰が・・・×o×



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語42

 投稿者:jboy  投稿日:2011年12月27日(火)15時13分42秒
  俺 「ねぇ目 意外とま○は巨乳じゃない!?

う○「そうなの!! 一番ま○´Д` 二番は私*^_^* 三番る○σ^┰゜ 母は一番ちっちゃい汗

俺 「そこまで聞いてないし・・・×o×




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
   しておきます

 

とある夜の物語41

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月31日(月)15時10分5秒
  じ〇んこ 「私 場を盛り上げるために ウソつくこと多いのウッシッシ

俺    「控えめな胸も個性的な歩き方もウソなんだ?目




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語40

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月31日(月)15時03分27秒
  じ〇んこ 「私 やっと トイレの後に手を洗う習慣がついたの↑

俺    「いとこの3歳になる子も同じこと言ってた↑




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語39

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月31日(月)15時02分9秒
  ゆ○ 「本当の私は普段真面目でヌーのゆ○が別人なんです。♪

俺  「逆だと思うよ'_';




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語38

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月25日(火)15時06分41秒
  ゆ○ 「素敵な誕生日で良かったですね。キラキラやはり誕生日は一年に一回しか無く、
    この日が無ければ会えないかもしれない神秘なものです。^▽^
    生み出してくれた両親に感謝です。ゴメン

俺  「熱でもあるのか?目





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます


 

とある夜の物語37

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時45分9秒
  田舎の貴公子「お誕生日の出勤娘最高じゃないですかキラキラ

俺     「どうしてですか?目

田舎の貴公子「○かにグラス倒され、は○かにボトルぶちまけられ、ゆ○にビールたかられ、
       最後にる○の牛丼で閉めるウッシッシ

俺     「来るのやめようかなぁ~'_';



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語36

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時41分51秒
  ○か  「こぼしちゃった~汗  もう一杯ちょうだい!!ウッシッシ

俺   「_(。・)/ドテ・・・」





   この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
   しておきます
 

とある夜の物語35

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時39分12秒
  ガタン汗 ピシャ汗 ゴトッ汗
(○かのグラスが倒れかけて酒がこぼれ氷が一個落ちた音)

○か 「あぶねー汗 あやうく倒すとこだった'_';

俺  「・・・」

○か 「でも私 今 反射神経良かったと思わない? ̄ー ̄

俺  「・・・」



ガタン汗 ビシャー汗 スーー汗
(○かのグラスが倒れ酒が流れ出し氷が滑っていく音)

○か 「あちゃー汗 私今日だめかも・・・ドクロ

俺  「今日だろ・・・ウッシッシ

ドスッ汗
(ボディブローが入った音)




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
   しておきます
 

とある夜の物語34

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時35分55秒
  俺    「ところで個性的な歩き方で何処行ったの?

じ〇んこ 「皮膚科の病院´_`

俺    「どうかしたの!?目

じ〇んこ 「内股に湿疹ができたの!! ほら!目

俺    「だからぁ汗 見せなくていいから×o×





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
   しておきます
 

とある夜の物語33

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時33分46秒
  俺    「そういえば今日の昼ごろ俺の会社の前を歩いていなかった?目

じ〇んこ 「あ 歩いてた'_'; 見てたんだ目 すっぴんだった汗

俺    「すっぴんはかまわないけど ずいぶん個性的な歩き方だったウッシッシ

じ〇んこ 「どんな風に?

俺    「右膝が右斜め前方へ・・・ 左膝が左斜め前方へ・・・'_';

じ〇んこ 「どうせ私はガニマタ歩きですよ ̄^ ̄

俺    「そんな風にストレートに言ってないし ×o×





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
   しておきます
 

とある夜の物語32

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時31分44秒
  俺   「えぇ!? マミーが!? 本当に持ってるの!?◎o◎

マミー 「はいチョキ 持ってますよヒラメイタ!

俺   「小型自動二輪の免許を!?

マミー 「はい♪ 若いころ取りましたウッシッシ

俺   「・・・'_';・・・'_';・・・´Д`

マミー 「今の私が乗ってる姿を想像しないでください!!´_`

俺   「いや汗 決して汗 そんな・・・'_';



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
  しておきます
 

とある夜の物語31

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時16分35秒
  俺    「おっ目 少しは胸の谷間できるんだぁウッシッシ

じ〇んこ 「パッドが入ってるの汗 ほら!!ウッシッシ

俺    「出さなくていいから×o×




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
   しておきます
 

とある夜の物語30

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時11分1秒
  ○か 「移動命令出ちゃったぁ汗

俺  「どこへ?目

○か 「あそこのボックス汗なんか暗い感じ´_`

俺  「お前が行ってぱっと盛り上げなきゃ^▽^

○か 「しょーがねー´_` 仕事すっか汗

俺  「_(。・)/ドテ・・・」




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語29

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時06分57秒
  る○ 「ふぁ~あ(>_<)  ズリズリ」

俺  「・・・」

る○ 「大丈夫ヒラメイタ! ちゃんと緊張感保ってるから・・・  ズリズリ」

俺  「さっきから何してるの?目

る○ 「ブラジャーがずりさがって・・・こんなこと他ではできないわ汗

俺  「やっぱ 緊張感無いじゃん´_`



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます

 

とある夜の物語28 in ikebukuro

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)15時04分32秒
  こ○ 「おまたせ~ヒラメイタ!

俺  「ずいぶんトイレ長かったね目混んでた?

こ○ 「ごめん汗 うんこウンチまでしちゃった^▽^

俺  「もう24歳のレディなんだからそんなこといちいち報告しなくても´Д`

こ○ 「そうか~ でも後から入った人臭いよね ぷぷぷウッシッシ

俺  「もういいです´_`




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語27

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)14時29分17秒
  会社から家へ向かう→→

→→途中、う〇に見られる→→

→→う〇、マミーに通報→→

→→マミーから営業メールが来る→→

→→とぼとぼとヌーへ向かう´_`




ノンフィクションです汗
 

とある夜の物語26

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)13時23分10秒
  る〇  「ふぁ~あぁ (>_<)  眠い-_ゞ

俺   「俺の前だとまったく緊張感ないね目

る〇  「そ そんなことないですよ汗

俺   「じゃぁ 俺のグラスに焼酎入れるのやめてくれる`へ´

る〇  「あっ汗汗 ×o××o××o××o×


  この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます

 

とある夜の物語25

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)11時34分56秒
  じ〇んこ 「福島大変だね汗 レベル7でチェルノブイリと同じだって目

俺    「へー目 一応ニュース見てるんだ^▽^

じ〇んこ 「ところでレベル7って何?目

俺    「_(. ・)/ドテ 危険度が最高の7になったって事!!

じ〇んこ 「レベル10になったりして´Д`

俺    「7までしかないからどんなに悪化してもレベル7ウッシッシ

じ〇んこ 「へーそうなんだ♪

俺    「ところでチェルノブイリってどこの国か知ってるの?目

じ〇んこ 「え!? えーと汗 たしかイから始まる国だよねヒラメイタ!

俺    「い イっ!?´Д`

じ〇んこ 「そうだヒラメイタ! イギリス↑ あれ!?・・・」

俺    「もういいですフラフラ





この物語はフィクションです。被災された方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
 

とある夜の物語24

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)10時44分7秒
  は〇か  「も〇ちゃんに付くの久しぶり~♪

俺    「そ そうだね'_';

は〇か  「最近 とある夜進んでないねぇ目

俺    「お前が付かないしねヒラメイタ!

は〇か  「そ そうか'_'; じ〇んこさんは?目

俺    「多少学習したのか 最近なにもヒラメイタ!

は〇か  「でも キャリアは私が上だし 内容も負けてないわ ̄^ ̄

俺    「あの~ 自慢したり競いあうことでもないんだけど・・・´_`



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語23

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)10時37分53秒
  ○か 「ねぇ このカムスっておいしいの?目

俺  「カミュですが・・・汗 ○か おまえもか!?ドクロ




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語22

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)09時57分14秒
  ○か  「ねぇ こっち見て目

俺   「何?'_';

○か  「好きハート

俺   「・・・'_';'_';

○か  「大好きかわいい

俺   「お 俺も・・・'_';'_';'_';

○か  「ほんとに好き?ハートx2

俺   「す 好き'_';'_';'_';'_';

○か  「じゃ いつにする!?目キラキラ

俺   「い いつでも'_';'_';'_';'_';'_';

○か  「やった~クラッカー へい マスター!! オニオングラタンスープ一丁!

俺   「_(。・)/ドテ…」





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます

 

とある夜の物語21 実名編

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月21日(金)08時51分21秒
  はるか  「ねぇ もみちゃん! そろそろハンドルネーム変えてよ目

しまさん 「架空のは○かさん 自分だと思ってるんだ!?

はるか  「あっ!!´Д`言わザル

俺    「T▽TT▽TT▽TT▽TT▽TT▽T]




この物語はノンフィクションです

 

とある夜の物語20

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月20日(木)17時55分44秒
  〇ミー 「お作りしましょうヒラメイタ!

俺   「ありがとうございます^▽^

〇ミー 「山崎は高いお酒だからちゃんと作らないとねチョキ

俺   「安いバーボンのときはどう作るんですか?

〇ミー 「えっ!? そのー あのー・・・ 私も山崎一杯いただいて良いですか?ワインウッシッシ

俺   「飲んで何もかも忘れるつもりですか×o×



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語19

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月20日(木)17時53分4秒
  は○か  「私が友達になってあげるよ♪

じ○んこ 「友達いない私にとってありがたいですキラキラ

俺    「´Д`



は○か  「今度 出勤前に落ち合って食事しよビール

じ○んこ 「うれしぃ~ワイン

俺    「´Д`´Д`



は○か  「私達 何か共通の物持ってる感じヒラメイタ!

じ○んこ 「はいスパーク とある夜もがんばりましょパンチ

俺    「´Д`´Д`´Д`




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語18

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月20日(木)13時13分52秒
  じ○んこ 「ねぇ ビンボーダンスってどこが発祥?目

俺    「び ビ!?・・・ 栄和じゃない?ウッシッシ

じ○んこ 「ビンボーダンスだよ!! ̄^ ̄

俺    「リンボーダンスならカリブ海の方だって聞いたことあるけど'_';

じ○んこ 「リンボー!? ビンボー? あれ またやっちゃったかな!?ウッシッシ

俺    「おまえ ビンボーダンス得意そうだね×o×



この物語はフィクションであり 決して貧乏人同士の会話ではありません
 

とある夜の物語17

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月20日(木)11時08分7秒
  は〇か  「ぎゃ~っ×o× 」

俺    「どうした!?

〇な   「は〇かチャンが自転車乗ろうとしてこけた汗

俺    「そ それで・・・?

〇な   「は〇かチャンは大丈夫そう♪ でも駐輪場のフェンスが壊れた汗

俺    「ふぇ フェンスが´Д` 大変だぁ」

お客様A 「えぇ フェンスが・・・´Д` 大変だぁ汗

お客様B 「えぇ フェンスが・・・´Д` 大変だぁ汗

お客様C 「えぇ フェンスが・・・´Д` 大変だぁ汗

おきゃく・・・





は〇か  「皆でフェンスさするのやめてくれる`ε´



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます

 

とある夜の物語16

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月20日(木)08時40分34秒
   じ〇んこ  「ねぇ ちゃがわ賞ってあるでしょ目 小説の・・・」

  俺     「ち ちゃ・・・!? あ 芥川賞でしょ?

 じ〇んこ  「ううん汗 ちゃがわ賞だよ目

 俺     「そんなのないよ´Д`

 じ〇んこ  「じゃ携帯でググって見せてあげるよ・・・ ̄^ ̄あれ出てこない汗

 俺     「・・・」

 じ〇んこ  「携帯壊れたかな=3

 俺     「じ〇んこさん ちゃがわ賞 受賞おめでとう×o×




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語15

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月19日(水)19時11分51秒
  じ〇んこ 「ねぇ このブルボンっておいしいの?目

俺    「バーボンですが・・・汗




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語14

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月19日(水)19時06分54秒
  俺   「トイレの後は手を洗い手を拭いてと♪あれ?手拭く紙が無い汗 あれ?これ何だ!?」 

俺   「る る○~大変だぁ!!ちょっと来て! 紙を引張ったつもりが変な物が出てきた◎o◎

る○  「どうしました? あれ! ホンとだ汗 なにこれ~◎o◎

○な  「どうしたの? あれ!? こ これは・・・ は○かチャンの化粧ポーチだ!!

俺   「ど どうしてペーパーホルダーから紙じゃなくて化粧ポーチが出てくるんだ´Д`

る○  「ペーパータオルが無くなってこれが出てきたの!? 不思議~'_';

俺   「こら~´Д` は○か!! どうなってんだ!? 何とか言え ̄^ ̄

は○か 「う~ん・・・'_'; この店ワンダーランドだねスパーク

俺   「お お おまえがそうしてるんだろ×o×



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語13

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月19日(水)17時10分47秒
  う〇  「この店はXmasパーティーあるんですか?目

俺   「もうXmasの話!? 毎年あるみたいだよヒラメイタ!

さ〇う 「あんまり出たこと無い汗


う〇  「私 自分でサンタサンタの服持ってるんだ↑ 着たい! 着たい!!

俺   「自前で!? 良いんじゃない^▽^ かわいいだろうね♪

さ〇う 「カメラ持ってこなきゃv▽v


う〇  「皆で仮装しようよキラキラ も〇やまさんは そり^▽^

俺   「そ そ そり!?・・・フラフラ

さ〇う 「ウッシッシウッシッシウッシッシウッシッシT▽T


う〇  「不満?目

俺   「い いや'_'; まぁ う〇を乗っけるんじゃ良いかヒラメイタ! やらせていただきますスパーク

さ〇う 「私は?目


う〇  「さ〇うさんは・・・ そうだなぁ クリスマスツリークリスマス

俺   「ウッシッシウッシッシウッシッシウッシッシT▽T

さ〇う 「ツ ツ ツリー!?・・・フラフラ   まぁ いいか汗 じゃぁ皆を引っぱるトナカイの役は?目


う〇  「それは お〇たさんパンチ

俺   「OK

さ〇う 「OK



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語12

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月19日(水)17時02分30秒
  は○か 「ぎ ぎっ ギャァ~ァァ!!

ゴキ  「き きっ キャァ~ァァ!!


は○か 「で でっ でかいゴキブリ~´Д`

ゴキ  「で でっ でかい女~´Д`


は○か 「あんなでかいのはじめて見た汗

ゴキ  「あんなケツでかいのはじめて見た汗


は○か 「や やっ やばい カウンターの中にいたら絶対私死んじゃうドクロ

ゴキ  「や やっ やばい カウンターの中にいたら絶対俺踏み潰されるドクロ


は○か 「そうだ さ○うさんの隣にすわらせてもらおうヒラメイタ!

ゴキ  「そうだ 爽やかそうに見えて実は違うかもしれないこの兄ちゃんのそばに逃げようヒラメイタ!


は○か 「よいしょっと これで一安心ウッシッシ

ゴキ  「カサカサカサ これで一安心ウッシッシ


は○か 「ん・・・目

ゴキ  「ん・・・目


は○か 「ぎ ぎっ ギャァ~ァァ!!」」

ゴキ  「き きっ キャァ~ァァ!!」」



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語11

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月19日(水)13時26分24秒
  〇ミー  「ねぇ もう一回しようよかわいい

俺    「ええ~汗 またするの?目

〇ミー  「私このままじゃ満足できない´Д` おねがいドキドキ

俺    「好きだなぁ~'_';

〇ミー  「だってイタリア予選敗退なんだもん汗 また賭けしようよキラキラ

俺    「・・・'_';

〇ミー  「私が勝つまでウッシッシ

俺    「×o×



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語10 in anrakutei

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月19日(水)13時20分27秒
  る〇 「お肉おいしい↑

俺  「うんヒラメイタ! 焼肉なんて久しぶり♪

母上 「^▽^


る〇 「今度 新三郷にも遊びに来てよヒラメイタ!

俺  「うんキラキラ でも女性の下着屋じゃ買うものないなぁ↓

母上 「^▽^


る〇 「あたしの買ってよ↑

俺  「えっ?スパーク る〇の中古も売ってるんですか!?v▽v

母上 「◎o◎


る〇 「バカ爆弾

俺  「・・・↓

母上 「アクマ


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語9

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月18日(火)17時56分39秒
  は〇か 「あれ!! これなんだろ?

俺   「どうした?

は〇か 「氷の下に何かある!? げっ レジ袋◎o◎

俺      「どっ どうしてアイスペールの中からレジ袋が出てくるんだよ´Д`

は〇か  「不思議だね~ウッシッシ

俺   「不思議って・・・誰だ氷り入れたのは!? 普通気づくだろドクロ

は〇か 「あ た しヒラメイタ!

俺   「どうしていつも加害者がお前で被害者は俺なんだ!?

は〇か  「前世でふたりは何かあったのかもね^▽^

俺   「前世に戻ってやり直したい`へ´




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます
 

とある夜の物語8

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月18日(火)17時45分43秒
  俺    「あれ? さっきまで半袖だったのに・・・ドレス

は〇か  「だって私がサーバーから生ビール注ぐとき二の腕をまじまじ見るんだもの汗

俺    「まじまじ? 正確に表現すれば お前の二の腕が俺の視界を塞いだ↓

は〇か  「とにかく恥ずかしいから長袖にした♪

俺    「恥ずかしいのは二の腕だけか!?

は〇か  「後は・・・ えーと・・・汗

俺    「もういいです´_`




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語7

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月17日(月)18時56分12秒
  マスター「○なきちが持ってきたバレンタインのチョコケーキ食べる?目

俺   「せっかくだからいただきます。ヒラメイタ!俺に一口だけ残しておまえ先に食べていいよキラキラ

○よ  「ありがと♪・・・ うん おいしい↑ でも中に何か入ってる。ハートx2たぶん梅干ヒラメイタ!

俺   「うっ うっ うめぼし~!?!? ちょ ちょ チョコケーキの中にか!?´Д`

○よ  「だって梅干の味がするヒラメイタ! 食べてみて目

俺   「どれ・・・ こっ これは・・・・・・れっ レーズンだろ汗

○よ  「そっか汗 レーズンは梅干の仲間かヒラメイタ!

俺   「×o×




この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことにしておきます

 

とある夜の物語6

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月17日(月)18時47分9秒
  ○よ「(ポリポリポリポリ)ナッツうまい↑(カリカリカリカリ)」

俺 「短めの髪もいいもんだねヒラメイタ!

○よ「(ポリポリポリポリ)ありがとうパー(カリカリカリカリ)」

俺 「順調にリバウンド中?目

○よ「(ポリポリポリポリ)うんブタ 2kg太って58kg!パトカー(カリカリカリカリ)」

俺 「フラフラ

○よ「(ポリ)・・・・・・(カリ)・・・・・・」

俺 「ん?目

○よ「おかわりもってこよ!ヒラメイタ!

俺 「_(.・)/ ドテ」





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語5 in hachinohe

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月14日(金)15時04分59秒
編集済
  俺  「ねぇ ひ○みを地元につれて帰っていい?目

ママ 「うちも人数ぎりぎりでやっているからひ○みがいなくなると困るよ↓

俺  「じゃあ 地元の店からお勧めの一人連れてくるよヒラメイタ!

ママ 「交換ってわけ?(笑) どんな娘?目

俺  「美人さんだよキラキラ

ママ 「そうキラキラ で、性格は?」

俺  「・・・」

ママ 「ねぇ 性格は!?

俺  「ええっと・・・汗

ママ 「やめとく!爆弾

俺  「フラフラ 」





この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語4 in doutonbori

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月14日(金)14時04分6秒
  俺   「なんじゃ~?◎o◎

は○か 「もんじゃ!ヒラメイタ!

俺   「・・・」

は○か 「この後、私出勤なんだぁウッシッシ

俺   「ええっ!´Д` この前説教したばっかりだろ!飲んでから出勤するなって!」

は○か 「その話をマスターにしたら、それで調子が上がるなら
          飲んで出勤してもかまわないってOK

俺    「あのバカクラクラ 全然わかってない!爆弾おまえは調子か上がりすぎて暴走するだろ」

は○か 「そこが魅力でしょ!ハート さぁ 行くよ~キラキラ

俺    「×o×


この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

とある夜の物語3

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月11日(火)17時46分33秒
  帰り際・・・(早や(笑))


は○か  「ねぇ ママとマスターに私をチームカウンターにつけないように頼んだでょ´_`

俺    「そ そんなことしてません。 汗

や○い  「ウッシッシ


は○か  「絶対言ったのに決まってる!´_`じゃなきぁ、こんなにつかないこと無い!」

俺    「そ そんな事言ってません。'_';

や○い  「ウッシッシ


は○か  「今度絶対ついてやる!爆弾

俺    「´Д`

や○い  「ウッシッシ



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます


 

とある夜の物語1

 投稿者:jboy  投稿日:2011年10月 6日(木)09時02分4秒
  いつもの時間にいつものポジションに落ち着くと、あ○に頼まれていた
怖リズムのDVDを渡す。

あ○「ありがとう。ハート今日10時半に は○かチャン来るよ。今は飲み会中だって!」
俺 「ええ~っ!´Д`」と 浮き足立つ。

飲み会帰りの酔ったは○かがついて、無事に過ごせたためしがない。↓ボトル半分近くもぶちまけられた時は
ほんとに泣けた。TдT
整理ポストにある俺のボトルをちらっ見る。まだ8割がた残っている・・・
気持ちが盛り下がりつつあるとき、

あ○「いらっしゃいませ~ハート

振り向くと

おお~っヒラメイタ! 我らが守護神、災害対策大臣!(以下 大臣)大臣も酔ったは○かに何かと精神的肉体的被害を被っている。
これで被害は分散されるかもと内心思う。ウッシッシ

大臣「会長 おはようございます。」
俺 「挨拶どころではごぜーやせん!今日10時半に は○か来るんだって。今は飲み会中だって!」
大臣「ええ~っ!´Д`」 浮き足立つ。

それから会話も途絶えがちに時間が過ぎていく。時折、大臣の目が遠くを見る目になっている。
きっと俺も同じなんだろう。

チラッと腕時計を見る。目10時・・・
さりげなく大臣の様子を伺う。

腕時計見てる・・・目


俺 「ささっと飲んで、10時半前に帰りますか?」
大臣「そ そうですね。しかし・・・帰ったら帰ったで後が怖いし・・・↓

うう~ん 何か良い手はないか?

その時!

マミー「外にる○チャンいるよ~キラキラ

る○!ヒラメイタ!ひさしぶりだぁ。顔でも見るかと外へ。
元気そうだ。少し飲んでいくかと誘ったら、二つ返事。やったー!クラッカー

マミー「じゃあ る○チャンは会長とお○たさんの間に座ってね」

おお~!マミーGOOD JOB!拍手

俺の右はビールサーバー、左には る○、その左に大臣。俺の周りは完璧な防波堤ができた。
大臣の左手が手薄なのがちと気になるが・・・

それから3人はすぐに話が盛り上がった。時間も気にしないほど楽しかった。ハート

しかーし・・・汗

その時は突然やってきた。ガタン ギーとドアが開いて

は○か「おはろーございましゅ~」

げっ! すでにろれつが回っていない・・・◎o◎

は○かはトイレ付近から客たちに一瞥をくれていく。俺は目と目が合わないように見ザル手元の
グラスを見つめる。横目で大臣の様子を伺う。

グラスを見てる・・・

マミー「は○かチャン ボックスの○○さんの所お願い~」

おぉ~ マミー二度目のGOOD JOB!拍手

そして、ほっとした俺たち2人は、る○ハートを相手にまたまた話が弾み、そして
前に立つマスターが俺たちの会話の邪魔をする。
いつもなら、”うるさいなぁ 厨房でも入ってろ”と思うところだが、
今日は違う!
いてよし! いや いてください!土下座

は○かがつくボックスもやたらとテンション高く・・・しかし、時折は○かが大臣の後ろを通る際、
大臣の目が宙を舞う。
どうも後ろを通るたびに背中をぶたれているらしい。
やはり、ポジション的に大臣は不利か・・・ご愁傷様。土下座

そしてついに カ~ン 閉~店~! やった!全力で被害を阻止した。祝

帰り際

は○か「今日はまったくつけなかったね」
俺  「混んでいたからね。残念でした。」 うぅ 心にもないことを言ってしまった。
は○か「明日はいっぱいつくからいっぱい話しようね」
俺  「そうだね ぜ ぜひ'_';」 また言ってしまった。言わザル


こうして夜は更けていったのでした。夜

おしまい



この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人・団体とも一切関係ないことに
しておきます
 

レンタル掲示板
/1