teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 【陸前高田】復興支援薪+αプロジェクト

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2012年 1月26日(木)00時00分57秒
返信・引用
  以前、書いた記事に「復興支援薪+αプロジェクト」(下記)があります。
こちらでは今、薪に加えて流木の松で作った「数珠」や「念珠」を買えるようになっていました。
しかもAmazonで買うことができるとのことだったので、前から欲しいと思っていて買えなかったので、
今回数珠と念珠を買いました。房の付くところの玉に「3.11」と刻まれています。

数珠(写真は女性用ですが男性用もあり) 3,150円
念珠 2,100円

---以下、公式サイトより引用---

復興支援念珠の販売が岩手県陸前高田市の商店(道の駅等)でも販売が始まりました、現地の販売価格と統一するため価格改定を行います。(11月1日より)
尚、ふくい災害ボランティアネットで取り扱う物については、改定による増加分も含め収益は復興資金に充てられます。

数珠(念珠)(高田の流木松)

男性用片手念珠22玉共仕立(約12mm玉)正絹紐房 3,150円(送料別)    紐色 紺・利休
女性用片手念珠尺二玉共(約 8mm玉)人絹頭房・(松房)3,150円                房色 ピンク・白
腕輪念珠大(約10mm玉)(ブレスレットタイプのお数珠)2,100円(送料別)
腕輪念珠小(約mm玉(ブレスレットタイプのお数珠)2,100円(送料別)
男性用片手念珠22玉共仕立(約12mm玉)正絹頭房(桐箱入り)4,500円(送料別)(11月1日追加)
女性用片手念珠尺二玉共(約 8mm玉)正絹頭房(桐箱入り)4,500円(送料別)(11月1日追加)
女性用の房の形状は変更する場合がございます、色のみご指定いただけます。2011/8/2
下記画像をクリックすると大きな画像が見られると思います^^;
念珠は松を乾燥させてから作成する為、現在の所少量ずつしか出来上がってきません。ご注文順に順次発送させていただきますのでご理解いただけますようお願い申し上げます。

-----公式サイトより引用終わり-----

 
> こちらは陸前高田の松原の流されてしまった松を薪にして販売しようというプロジェクトです。
> 焚き火好きな私にはたまらない、、、。
>
> 暖炉や薪ストーブを持っている方や、焚き火ファンは見てみてください。
>
> http://www.fukkou.org/home  「復興支援薪+αプロジェクト」

http://km10yen.net/

 
 

にゃんだーガード

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2012年 1月24日(火)18時56分39秒
返信・引用
  福島県田村市で原発事故の影響で飼い主と暮らせなくなってしまった動物たちのサポートをしている方々です。

動物ゆえ、世話をするボランティアさんや、一時預かりができるボランティアさん、必要物資や支援金などを募集されています。

「冬を迎える福島の被災犬・猫に暖かいプレゼントをお願いします。
amazonでお買い物のついでにどうかこちらを見てください!

ほしいものリスト【被災地】福島被災ペット救援保?護にゃんだーガードへの支援物資
 ? amzn.to/pLxSXb

動物相手の長期戦、、、人、もの、金は本当に重要だと思います。
よかったら下記サイトも読んでみてください。
オリジナルグッズの販売もしていますよー。

動物+救護 福島シェルター にゃんだーガード公式サイト  http://nyanderg.web.fc2.com/


下記のようなチャリティイベントも開催予定のようです。


動物大行進No.3 ~ふくしまの動物たちに心を寄せて~
(社)青少年音楽協会主催 ・ サイガバレエ(白さん)  1月31日(火)19時 ルーテル市ヶ谷センター

被災動物救護支援チャリティコンサート
Nyan-PEACE(岸倫仔さん)  2月17日(金)19時 調布文化会館たづくり

京都ジャンピングジャックミュージックフェスティバル
京都ジャンピングジャック 占拠人の方々 (sachikoさんのご主人バンヒロシさんなど)
 2月11日から3月11日まで
 木屋町など京都市内各所

http://km10yen.net/

 

伊里前牡蠣復興支援「結っこ基金」

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2012年 1月22日(日)01時35分52秒
返信・引用 編集済
  南三陸町歌津地区伊里前湾の牡蠣漁への復興支援です。
主に牡蠣漁に関する道具やその加工のための施設備品などを買うための資金を支援できます。
一口10,000円で、600口(6,000万円)募集しているそうです。


http://paper.li/msryoushi/1309854245
  伊里前牡蠣復興支援「結っこ基金」

http://km10yen.net/

 

南三陸漁師元気プロジェクト

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2012年 1月22日(日)00時39分27秒
返信・引用 編集済
 


南三陸町歌津地区の若手漁業者の方々を応援する支援です。
何度も歌津へ行ってみて、やはり三陸は漁業関係者が仕事ができるようにならないと復興の速度は早くならないと感じています。
1口10,000円からです。
なかなか届かない国からの義援金。
このような形での支援もありだと思います。



ーーーーー以下、HPから引用ーーーーー

若手漁業者に夢と希望と!! 。海の幸の宝庫「歌津」の浜から南三陸全町・そして東北、三陸全体を復興支援しています。



●主旨
南三陸「漁師元気プロジェクト」は3月11日の東日本大震災によって被害を受けた、宮城県漁業協同組合歌津支(うたつ)所青年部漁業者の漁業復興の支援に向け、日本全国民に義援金をお願いし、将来、漁業が復興なった折には、宮城県漁業協同組合歌津支所青年部として出来る範囲で海産物のお礼を行うという、漁業者に夢と希望を与えるプロジェクトである。

●支援業務名
主題 南三陸「漁師元気プロジェクト」
副タイトル 「南三陸若手漁業者復興に夢と希望を!」

●支援目的
平成23年3月11日発生の東日本大震災による漁業被害復興の支援。

●支援対象
主として宮城県漁業協同組合歌津支所青年部所属の若手漁師の漁業復興資材として「船舶」「漁具等」漁業復興に要するものであるが、支援地域と支援対象者は歌津支所青年部が拡充できる。

●支援方法
南三陸「漁師元気プロジェクト」に賛同する支援者よりの義援金を募集する。

●募集主体 南三陸「漁師元気プロジェクト」設立に賛同する各会社中、代表幹事会社が行い、副代表幹事社が補佐する。

●支援期間
義援金募集は原則として2012年7月31日までとし、集まった義援金は入金確認後、諸経費を差し引いた後、歌津支所青年部に速やかに交付する。また、必要とあれば、幹事会社、漁協双方の合意で、延長ができる。



http://www.minamisanriku-umi.net/
  南三陸漁師元気プロジェクト

http://km10yen.net/

 

続:南三陸町歌津の復興支援NPO「魚竜の湯」

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2012年 1月16日(月)18時35分24秒
返信・引用
  1/14-15はわんぱくどりーむ「歌津MTBドリームプロジェクト」の現地新年会を兼ねて歌津へ行っていました。貸与中の各地の自転車整備をしたり、マウンテンバイクやアドベンチャーレースの映像を観ながら「たつがねMTB大会」関係者とワイワイするのが第一の目的でした。

今回、この「魚竜の湯」のプロジェクトリーダーの峯岸鉄平氏も前夜祭に顔を出してくれて、資金的にもまだまだ厳しい状況にあるとのお話を聞きました。
今、歌津はとても寒く、その中で地道に活動している彼らを応援している歌津の方々も大勢おり、みんなこの寄り合い湯を楽しみにしています。

正会員は入会金10,000円で月会費2,000円、賛助会員は入会金5,000円で月会費1,000円。単発での寄付も金額を問わずお願いしているそうです。
詳しくは「魚魚の湯」のサイトを参照にしてみてください。

http://thermae-utatsus.com/index.html  復興支援NPO「魚竜の湯」

http://km10yen.net/

 

石巻 フッコー.com 「こころ・さをりプロジェクト」

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2012年 1月12日(木)19時49分47秒
返信・引用 編集済
  あけましておめでとうございます。
昨年は色々お世話になりました。
今年もできることをすこしずつ、、を合言葉に、震災や原発事故で大変な思いをしている方々が沢山いることを忘れずに、一生懸命仕事して、一生懸命遊んで、一生懸命走って、ニッポンを、被災地を応援しましょう。

最近、公私ともにドタバタ状態で、諸々更新が滞っており、申し訳ありません。
少し落ち着いたらサイトや掲示板もリニューアルしたいと思っています。

それはさておき、サブジェクトにも書いたように「フッコー.com」というサイトがあり、こちらに私が所属している「チームねこばば」が応援している石巻の「こころ・さをり」の作品が小さいものは378円から、大きいものは作家の方の一品モノで78,000円まで、心温まる「さをり織り」のグッズがインターネット販売されるようになりました。

私も昨夏の奥武蔵ウルトラマラソンの際に「さをり織り」の販売のお手伝いをさせていただいたのですが、そのときに小銭入れを購入し、実家の母やお世話になっている伯母たちにプレゼントしたところ、とても気に入って使ってくれています。

一度サイトをご覧になってみてください。
その上で「お、これ、いいな」と思ったら、ぜひ1km=10円運動の支援先の一つとして加えていただければ幸いです。

「フッコー.com」  http://www.miyagi-hukko.jp/


http://km10yen.net/

 

南三陸町 新・魚竜の湯

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年11月26日(土)01時14分24秒
返信・引用
  私が個人的にお手伝いしている被災地支援に「歌津MTBドリームプロジェクト」というMTBを使った通学支援と、
今年震災で開催されなかったMTBの大会(「たつがねMTB大会」)を来年開催するためのサポートがあります。
このため5月末から何度か歌津へ行ったり来たりしていますが、この歌津に「新・魚竜の湯」プロジェクトがあります。元々震災直後から歌津中学校の一角でボランティアでお風呂屋さんをやっていた峰岸さんという方が、このお風呂屋さんが避難所やボランティアのための役目を終えて9月末に閉鎖になったものの、地域の方々の要望もあり、どうにか銭湯という形のコミュニティスペースとして再開できないかと模索しています。

このプロジェクトでは資金面、作業のためのボランティア、資材などを募集しています。

私は魚竜の湯のお風呂を頂いたことは残念ながらなかったのですが、歌津へ行くと魚竜の湯に入ることを
楽しみにしている人たちも多くいました。仮設住宅の狭いユニットバスよりもお金を払っても、みんなとおしゃべりできる大きなお風呂に入れることは、回りに何も娯楽施設の無い(都会に比べて、という意味です)歌津の方々のためにはとても応援すべきプロジェクトだと思います。

「魚竜の湯」 http://thermae-utatsus.com/index.html

私たちの1km=10円運動では、この資金面の応援も送り先の一つに加えたいと思います。
どうかこの「魚竜の湯」に興味をもたれた方は一度、webサイトをご覧ください。

http://km10yen.net/

 

旅館サポーター制度「種たね」

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年11月17日(木)12時33分5秒
返信・引用
  以前も書きましたが、もう一度。
こういう応援の仕方もありますよー。

自転車旅の好きなみなさん>>>今回の震災で大変な思いをしている宿を応援しましょう。

旅館サポーター制度「種たね」 http://save-ryokan.net/

私は自転車旅が好きなので、単なるツーリングではなくても旅行や移動の際にも輪行して自転車を活用することが多々あります。
今回も歌津入り(南三陸町の歌津で地元の小学生とサイクリングしてきました)するにあたって、柳津駅から横山峠を越えて戸倉~志津川と回っていきました。
そのときに私も「種たね」で一口だけどサポーター登録している追分温泉の麓を通ったとき、「よーし今度は追分温泉泊まってから歌津入りするぞ!」と思いました。

この「種たね」は他にもいくつか旅館があります。
メッセージは「必ず泊まりに行きますよ!」、、、、ステキな応援ですよね。
今回のようにサポーター登録することで身近に感じ、いつか泊まりに行く日を楽しみに支援を続けるというのもいいと思います。
まさにこの1km=10円運動で当初からうたっていた「足で稼いだお金は全部募金しなくてもいい。バーチャルで貯めて貯めて、沢山貯まったら東北に旅行へ行こう」ということにピッタリです。違うのは「バーチャル」ではなく、より具体的に「貯める」ことで、ちょっとだけその旅館を支援することになるということ。
そして、そこへ訪ねていく日を楽しみにできる、、という自分自身へのプレゼントにもなる、、ということ。

でもこのようなサポーター制度で一口ずつ、長い期間貯めていけば、そういう宿にもいつか泊まりに行けると思うと楽しみが増えますよね。


http://km10yen.net/

 

桜ライン311

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年11月 1日(火)20時21分37秒
返信・引用 編集済
  私は歌津MTBドリームプロジェクトも応援していますが、こちらのプロジェクトに参加する前から、陸前高田も応援しています。
というのも、陸前高田というのは以前にも書きましたが「南三陸ロードレースりくぜんたかた」という公道を使った
自転車のロードレースが長い間開催されていた町で、ロードレースもやっていた私はいつか走ってみたいレースであったのです。
しかし開催が8月末ということで、もう一つのヒルクライムレース「乗鞍ヒルクライム」といつも同日開催でなかなか行くことができないうちに
開催されなくなってしまったのでした。

また元々ツーリングから自転車に入った私はこの三陸海岸も何度か走っており、そういうこともあって何かしら、どんなに小さくても
陸前高田のために何かしたい、、と思っていました。
この1km=10円運動での最初の支援が陸前高田の民宿(ロードレース開催時に友人知人が常宿としていたところ)と、レースを長い間応援してくれた人たちの
ために糸魚川で集めた募金で、物資を運んだことから、いろいろなことへ波及していきました。

今回、陸前高田で「桜ライン311」というプロジェクトが立ち上がったと知って、これも私の1km=10円運動に加えたいと思いました。
よろしければ、みなさんの1km=10円運動の送り先のひとつに入れてください。

忘れないこと、、、これは常々、このサイトで訴えてきたことでもあります。
「桜ライン311」 http:// http://sakura-line311.org/ は、平成23年3月11日に陸前高田の町を津波が飲み込んだことを忘れない、
そしていつかまたキレイな町に戻れるように願いをこめて桜を植えましょうというプロジェクトです。

概要を下記に転載させていただきました。
詳細はサイトをご覧ください。

*写真は10/2に「南三陸ロードレースりくぜんたかた」に何度も出ていた友人といっしょに、当時のレースコースを走って来たときのものです。

---以下、「桜ライン311」より引用----


東日本大地震を風化させないために</h4>
桜ライン実行委員会では、2011年3月11日に発生した東日本大震災を
風化させないために、陸前高田市内に桜の木を植樹する活動を行います。
継続的な活動を実現するため、様々な形でのご協力をお願いしております。

① 桜の植え付け地の紹介
主に陸前高田市のみなさんにお願いがございます。
津波の最高点を記憶しておいてください。
そして、桜を植える場所を紹介してください。

② 植林関連作業
植え付け予定地の整地、道作り等植樹できる状態にするための作業や、
実際の植樹作業をお手伝いいただける方を募集します。
植樹当日植え付け地に集合できる方であれば、在住地などは問いません。

③ 協賛金
皆様からいただきました協賛金は、植樹する苗木代等植樹に関わる諸費用、
一部運営費用に使用させていただきます。

④ 苗木の提供
苗木代にあてるための協賛金だけでなく、苗木そのものでのご支援も受け付けております。
ただし、特殊な環境に植えつけますので、受け付ける桜の品種を制限させていただきたいと考えております。
具体的な品種名につきましては病害虫や塩害に対する強さ、樹齢や開花時期等総合的に検討しております。
決定し次第サイト上に掲載いたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

http://km10yen.net/

 

南紀・熊野も応援しよう!SAVE KUMANO

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年10月22日(土)12時16分38秒
返信・引用 編集済
  3.11以来、ずっと東北支援を細々と続けていますが、夏の台風被害で大変な思いをしている南紀や熊野の被害もずっと気になっていました。

熊野古道は2008年5月にMTBを持って大和八木から高野山へ、その後小辺路を歩くため(MTBは担ぎます)山サイ研の先輩たちと途中合流して、被害の酷かった野迫川や十津川などへ泊まりながら那智本宮大社へ。その後中辺路の小雲取越え、大雲取越えで那智大社・青岸渡寺~新宮の那智速玉大社と回ってきました。その後、帰京する山サイ研の先輩たちと別れて伊勢古道を一人で辿り、伊勢外宮&内宮まで走りました。

あのとき道端で話したおばあちゃんは無事だろうか、、野迫川の宿は、十津川の宿は大丈夫だろうか、、
小雲取越えで会った熊野古道のガイドをしているという女性は大丈夫だったのだろうか、、

今、このサイトを「自転車に乗ってニッポンを応援しよう」としておいて良かったと思っています。
当初、東日本大震災のために、、と始めたのですが、当時でも九州の新燃岳被害もあり、
また、サイトにも書いているように「ニッポンを応援する」とは「日本の経済を下支えすることで大変な思いをしている人たちのためになれば、それでもいい」と、「ニッポンを応援しよう」としたのです。
つまり、1km=10円運動は今回の熊野も沢山応援できるんです。

ボランティアとして現地へ行くことも必要だと思います。
だけど地場産業を支える人も必要だし、国や自治体が十分支援できるように経済を支える人も必要なんです。

なので、こちらのサイトへ来てくれているサイクリストのみなさま、どうぞ熊野も支援先の一つに加えてください。

このSAVE KUMANOのサイトでは「ボランティアへ行く」「義援金、寄付を送る」「地元物産品を買う」などのいろいろな支援アドバイスが出ています。走ったら自分の足で稼いだお金をどう使うか、しっかり考えましょう。
また南紀や熊野はどこもとても良いところです。私も何度か走りに行っていますが、また機会があれば行きたいです。
そうそう田辺市へ行ったら、南方熊楠記念館も見てみてください。(私は南方熊楠さん、大好きなんです)

http://save-kumano.com/  SAVE KUMANO


http://km10yen.net/

 

追分温泉から★旅館サポーター制度「種たね」

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年10月12日(水)20時21分32秒
返信・引用 編集済
  9月の終わりに旅館サポータープロジェクトで石巻の追分温泉のサポーターとして1口登録したのは記載したとおり。

先日、追分温泉から手書きのメッセージと、「サポーター前払い証明書」が届きました。何よりも手書きのメッセージがとっても嬉しかったです。
追分温泉は被災者のために第二次避難所として宿を提供しており、営業はしていなかったそうですが、10月の連休明けから営業を開始したようです。
三陸の海の幸はまだまだ楽しめないかもしれませんが、ここは建物も風情があり、温泉もいいお湯で、雰囲気の良い宿です。ぜひぜひ行ってみてください。
私ももう一度、自転車で訪ねたいと思っています。

★旅館サポーター制度「種たね」 http://save-ryokan.net/

上記には追分温泉以外にも東北の良い宿が何軒かあります。
サポーター登録して行ってみてはいかがですか?
(私も気になる宿がいくつかあります)

http://km10yen.net/

 

石巻スポーツ振興サポートセンター

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年10月 6日(木)11時43分10秒
返信・引用 編集済
  陸前高田への帰りに石巻へも寄ろうと思ったのですが、今回は時間がなかったので次回としましたが、その際に調べていたら、石巻スポーツ振興センター主催で10/9に「復興ウォーキング」というのがありました。参加費3,00円のうち1,000円が石巻市への復興資金となるようなので、こういうのに参加するのもいいかもしれませんね。

http://www.i-support.or.jp/1160 石巻スポーツ振興サポートセンター「第二回被災地石巻復興ウォーキング」

こちらの団体でも「被災児童に運動用品をプレゼントしよう」という活動や寄付受付、チャリティ販売なども行っています。

1km=10円運動で稼いだお金を使うお勧め先の一つとして書き込みしておきます。
ぜひぜひご覧ください。

http://km10yen.net/

 

陸前高田を再訪しました

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年10月 6日(木)11時34分29秒
返信・引用
  プチトラさん>>今年も東北方面のスキー場や、山スキー行きましょうね。

さて、9月の走行距離ですが(MTB通勤だけです^^)、440kmで、4,400円となりました。さてどうしよう、、と思っていたところ、急遽、仙台の友人と2人で陸前高田へ「南三陸サイクルロードレースりくぜんたかた」のコースを走りに行こうということになり、10/2-3と広田半島の民宿志田へ泊まって走ってきました。

5月末に糸魚川チャリティで購入した物産品等を届けに行ったときより、瓦礫は片付けられており、道も大分きれいになっていましたが、まだまだ大変なことには変わりありません。大きく違ったのは仮設店舗があちこちに出来ていたこと。
今回は9月分の走行分4,400円から、市内の伊藤文具(鳴石地区)で「陸前高田風景カレンダー」「てぬぐい」「ポストカード」「塩羊羹」を買い、R45沿いの直売所はまなすで「大根の葉っぱ」「おくら」「米崎りんご」「米崎梨」を、
米崎小学校先の熊谷精肉店で「ほるもん」購入してきました。

野菜と果物は陸前高田からの帰り道に寄った気仙沼のグループホーム「ぽらん気仙沼」(いっしょに行った友人が以前取材している)と、RQ歌津へ差し入れしまし、ホルモンはRQ歌津でキッチンを借りて焼肉ランチを現地のみんなといっしょに食べてきました。

ということで、今月の使い方は「陸前高田の物産品購入~!」がメインでした。

http://km10yen.net/

 

Re: 旅館サポーター制度「種たね」

 投稿者:プチトラメール  投稿日:2011年 9月28日(水)21時07分25秒
返信・引用
  >スタッキングテーブル6台とMTB1台を南三陸町歌津の自転車屋さんへ
届けに行って来ました。

お疲れ様です。

「種たね」のHPを見てやっぱり東北は良いところ多いなあと思いました!
今年の冬もスキー練習しに、東北に通えたらいいなあと思います*^^*

東北*LOVE!

http://save-ryokan.net/object/2011/04/post-1.html

 

旅館サポーター制度「種たね」

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年 9月28日(水)18時48分40秒
返信・引用
  昨日、私が微力ながらお手伝いしている「歌津MTBドリームプロジェクト」http://www.wanpakudream.com/の関係で、
スタッキングテーブル6台とMTB1台を南三陸町歌津の自転車屋さんへ届けに行って来ました。
その帰りに少しだけ走りやすくなったというR45を走って志津川から石巻方面へ走って来たのですが、
途中に、今までツーリングで泊まった中でとても気に入っていた温泉「追分温泉」の看板を見かけました。

震災直後、避難所として使われているということは知っていましたが、今はどうなっているのだろうと調べてみたら、
下記のようなサイトを発見。いつか再訪できることを願って、私もサポーターになることにしました。
当時いっしょに走った仲間にも連絡しようと思っています。
他にもがんばっている宿がありますので、自転車乗りのみなさん、ぜひサポーター参加しませんか!

旅館サポーター制度「種たね」 http://save-ryokan.net/

(以下にサイトより主旨を引用)
「旅館サポーター制度 種たねとは一口5,000 円から自分の好きな旅館のサポーターになり、
「泊まりに行きますよ。」の応援メッセージとともに、将来の宿泊料金の一部を前払いする、旅館を出発点とした地域復興支援です。自分の好きな宿に泊まりに行くことは、その宿を応援するにとどまらず、
地域復興に寄与できます。旅館が" 消費の起点" になるのです。
被災地を訪れましょう。被災地から買いましょう。
被災地に仕事の種を蒔きましょう。
そこからたくさんの人に復興の種が小分けされます。
これは、私たち「客」と「宿」との「絆」を深め、
世界に誇れる日本の旅館文化を育むプロジェクトです。」
(以上当該サイトより引用させていただきました)

旅館を応援することでいろいろと現地の仕事が派生していく可能性がある、、ということです。
これも私たちの「1km=10円運動」にぴったりだと思いました。
他にも通常営業されている旅館もありましたので、
通常営業されているところは近いうちに自転車旅で訪ねてみたいと思います。

昨日訪ねた、登米市、南三陸町、石巻、東松島、、どこもまだまだ傷跡は残るものの、
青い空と、美しい海、さわやかな秋の風景はそこかしこに見られます。
短い秋ですが、みなさんツーリングに出かけましょう!



http://km10yen.net/

 

ヤマレコGive My Climb(ギブマイクライム)運動

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年 8月 9日(火)10時45分2秒
返信・引用 編集済
  登山をされるみなさんは既にご存知かもしれませんが、ヤマレコという登山の記録サイトがあります。
ヤマレコというのは、もともと山岳会「カモの会」の山行記録をインターネットに公開するために作り始めたシステムですが、他の方にも気軽に使ってもらえるように無料で提供していただいているそうです。
私も情報収集でときどき覗かせて頂いていましたが、今回このヤマレコで「Give My Climb(ギブマイクライム)運動」が展開されていることを、下記に書いた読売新聞大阪支社の新聞取材記事を読んで知りました。
震災後、ヤマレコを見に行ってなかったので知らなかったのですが、こちらもとてもいいシステムです。

このサイトや掲示板を見てくれている方の中には、自転車は乗らないけど登山はやる、、という方も何人もいます。
なので以前、そういう仲間のために「標高10m=10円運動 山に登ってニッポンを応援しよう」という刺繍ワッペンを作って、仲間うちで販売したことはご存知の通りです。そういう方はぜひヤマレコのシステムを使ってみたらいかがでしょうか。金額をメモしておくシステムもあるようなので、山行の励みにもなりますよー。(ワタシも今週から使わせて頂こうと思います)

このヤマレコのサイトを見ると、1km=10円運動と同様に、バーチャル貯金をして、
募金先を自分で考えて送るというもので、これもとても共感できました。
私はこのギブマイクライム運動も応援し、自分でも参加して行こうと思います。

http://www.yamareco.com/modules/pico/index.php?content_id=54  ヤマレコ「ギブマイクライム運動」

(下記にサイトのテキストも抜粋して貼っておきます)

【対象】登山を愛する方々すべて

【趣旨】登山の活動を、みんなの力になるための一つにする

【支援方法】
1)登山に行く。
2)行った山の標高(2017mなら2017円)を自分で貯金する。
3)ある程度まとまったら、自分で募金する。
※ 金額は標高に限らず、歩いた距離にしたり、標高 x 0.5倍や2倍にするなど、参加される方が自由に決めてください。

【募金先】
各自で信頼できる支援団体や、自治体をご自分で選んでください。
(詐欺も横行しているようですので、ご注意ください)
義援金についてのページも参考にしてみてください。

【参加方法】 趣旨に賛同し、参加いただける方は、「参加する!」のリンクを押してください。
※ヤマレコにログインしていない場合、人数のカウントのみとなり、アイコンは表示されません。

■みんなで貯めた金額: 1,854,550 円

写真1;ヤマレコ「ギブマイクライム運動」
写真2;標高10m=10円運動 山に登ってニッポンを応援しよう(刺繍ワッペン)
写真3;ザックに縫い付けた状態

http://km10yen.net/

 

にゃんこ・ザ・プロジェクト

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年 8月 9日(火)10時11分0秒
返信・引用 編集済
  先日、山友達と登山に行ったとき、「1km=10円運動のリンクにあった、にゃんこ・ザ・プロジェクト に参加した」と聞きました。こうやってすこ~しだけだけど、小さな支援が広がって行くことが嬉しいです。
実は、このにゃんこザプロジェクト、ワタシも1口買っています。もしかしたら届くかもしれない、数年後の牡蠣。
無事に田野島で牡蠣が取れるようになり、漁師のみなさんも、猫たちも普通に暮らせるようになってくれるよう見守って行きたいです。

http://km10yen.net/

 

7月走行距離はひさしぶりに770km

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年 8月 9日(火)00時13分38秒
返信・引用 編集済
  ここ数年、あまり自転車に乗っていなかったワタシですが、7月は10年ぶりに新しいロードシューズに買い替えたので、ペダルも諸事情によりルックに交換しましたところ、ペダリングがなんとなく違う、、、
しかも7月23日~24日にねこばばサマーキャンプがあったので、それまでに何とか慣れなければと、数回朝練しました。

というわけで、通勤MTB(300km)の他、ロードとシクロクロス(実はSPDシューズもダメになり、こちらは15年ぶりに買い替えました)の試乗と100km程度の距離を何度か走ったので、7月の走行距離が久しぶりに770kmでした。
1km=10円運動的には7,700円です。この一部を使って「ねこばばシールPray For Japan」を3種作って、サマーキャンプで販売しました。買ってくれたみんなありがとう!この売り上げはねこばばオリジナルグッズとともに石巻の「こころ・さをり」へ送りました。残りは8月6日に南三陸町歌津から子供たちを富士MTBサマーキャンプに招待した「わんぱくどりーむ」へカンパします(写真1)

それから1km=10円運動について取材依頼がありました。
ちょうどキャンプのときで、10分ほどの簡単な電話取材でしたが、な、な、なんとホントに記事になったそうです。
このサイトの管理者でもあるプチトラさんの京都のご実家で新聞記事を送ってくださいましたので、掲示してみます。
(プチトラさん>>ありがとうございました)

この記事では私のことだけ書いてくれていますが、サイト管理のプチトラさんや、イラスト提供してくれた「比企チャリ日記のKanさん、また、ねこばばのチームメイトや、チラシを置いてくれている行きつけのお店のみんなに応援されていることはみなさま周知の通り。

あの震災から早くも5ヶ月がたとうとしています。
3.11の震災や原発事故のほか、新燃岳噴火や先日の新潟の豪雨災害など、この1年は日本にとって試練のときです。
これからも一生懸命走って、いっしょにニッポンを応援して行きましょう。



http://km10yen.net/

 

レディースサマーキャンプのチャリティ売り上げ

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年 8月 5日(金)04時57分8秒
返信・引用 編集済
  以前も書きましたが、7月23日~24日に行なったチームねこばばのサマーキャンプで行なったチャリティで、
およそ15,800円の売り上げがありました。
総額としては多くはありませんが、今年は公募をしていないため10名ほどの参加者だったので、
そう考えると決して少なくはない金額です。

今回はオリジナルグッズを作って販売する、、という方式を取りました。
ねこばばの会から材料費を出してもらい、メンバーの一人がコツコツと手作りしてくれたものだということは
以前も書いたとおり。

送り先の「こころ・さをり」のスタッフの方からブログに、チームねこばばのことを書きましたと連絡を頂きました。
ほんの小さな支援だったのですが、喜んでもらえたようです。
これからも小さくても、1km=10円運動とオリジナルグッズ製作を行いながら、
チームねこばばは、この「こころ・さをり」を支援して行く予定です。

http://blog.canpan.info/kokorosaori/  働くなかまチャレンジド「こころ・さをり」活動ブログ

http://km10yen.net/

 

1km=10円運動(その後)

 投稿者:加藤@ねこばば  投稿日:2011年 8月 4日(木)22時37分49秒
返信・引用
  先日のサマーキャンプの際に電話取材のあった「1km=10円運動」とねこばばチャリティについて、明日の読売新聞大阪本社版のくらし家庭面にほんのすこーしだけ記事が掲載されることになりました。
後日、掲載された新聞を送ってくれるそうなので、届いたら、掲示しますね。

http://km10yen.net/

 

レンタル掲示板
/5