投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


沈みかけた船なのか・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月29日(水)08時07分38秒
返信・引用 編集済
   雑誌を定期購読していると廃刊になりそうな予感がすることがある。専門誌は専門分野の知識を広げたり、その世界の情報を得たり、読者にとっては有り難い存在でもある。長年、購読していた雑誌が突然廃刊になって驚いたことがあったが、いずれも読者が減り、採算が合わなくなったことが原因のようだ。雑誌にしても専門書にしてもほとんど東京で出版される。東京で売れなくなれば「廃刊やむなし」の傾向が強い。

 定期購読している某「蕎麦の専門誌」も季刊誌の年4回の出版だから、発行して10年にも満たないが読者獲得がままならないのか、毎回編集者の悲鳴のような「編集後記」が掲載される。それに今季号は以前の「写真」の使い回しもあって驚いた。雑誌としては末期的症状ではないかと思う。素人が地方で得られるそば情報は皆無に近い。貴重な蕎麦専門誌の存続を願いたい。、とは言え、安直な編集や取材だけは避けてもらいたいと思うのだが・・・。

http:// 

 

「そば打ちが趣味です」と言っても・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月27日(月)08時54分7秒
返信・引用 編集済
   昨日は、家人の鎖骨骨折がようやく癒え「お見舞いのお礼に」知人宅を訪ねた。平成15年、そば打ち教室に通い始め、嬉しくて「そばとも言えないしろもの」をたびたびお宅まで持って行った。いつも「美味しくいただきました」と電話やメールをいただいたが、はた迷惑なことだったと思う。

 先日、ある高齢者の集まりで「そば打ちが趣味です・・・・」と自己紹介したが、何の反応もなかった。関西、特に大阪には「そば打ち」が根付いているとは言えないようだ。それに3年ほど前、そば打ち教室を開いて欲しいのですが・・・と問い合わせがあり、早速、諸費用を計算しお送りした。「こんなにかかるのですか、お願いするのはちょっとムリです」との返答だった。小麦粉の値段はご存知でもそば粉の値段などはまったく知らない方が大半でもある。そば打ちは難しい。続けて打っていなければ「打ち方も不規則で、肝心の麺線は揃わない」。何回か打っただけでは「モノ」にならないので続かないようだ。

 ついでながらそば用の箸は「先が細く、細いそばでもつまみやすい」ように作られている。そのためざるに盛りつけたそばは「お客に出すざるの方向が決まっている・・・・」と老舗蕎麦屋の主人故藤村カ和夫は書いている。

 2膳のそば箸

http:// 

 

酸ヶ湯そば

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月24日(金)06時30分59秒
返信・引用 編集済
   青森は東北地方でもっともそばの生産量が少ない。それでも生産量は全国で10位くらいだから、そばをよく食べる風土はあるようだ。酸ヶ湯にも蕎麦屋があった。木の香もしそうなまだ新しい普請の蕎麦屋のようで、酸ヶ湯温泉につながっている建物だった。いろんなメニューがあったが、ざるそば(800円)を注文した。青森県の800mくらいの高地でとれる在来種らしい。やや柔らかい茹での白っぽいそばで、そばもつゆの味も特徴は無かった。他のメンバーは鶏南蛮(1100円)そばを食べていた。

http:// 

 

酸ヶ湯・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月23日(木)07時29分15秒
返信・引用
   もう50年も前、山の仲間と二人で早池峰山~岩手山~八甲田山登山へ一週間の予定で出掛けた。早池峰山は雨続きで登頂を果たせなかったが、岩手山は編張(小岩井牧場)からのコースをとり束の間の晴天の中を無事登頂できた。夜行列車に雨中の2泊のテントですっかり疲れていて、ザックの重さが肩に食い込み登頂はあえぎあえぎだった。くだりは北側ルートをたどり地熱発電で名の知れた松川温泉へおりた。温泉旅館の前の小さな川向かいにある「テント場」についたときは夕暮れだった。広いテント場はわれわれだけだったが、真夜中には雷鳴を伴った激しい雨に見舞われ水浸しのテントの中でまんじりともせず朝を待ったのを憶えている。
 八甲田山登山の意欲がなえてしまい、「温泉につかろう・・・」」となった。八幡平ルートのトコロ温泉、玉川温泉、五所がけ温泉、酸ヶ湯温泉までやって来たが、引き返し五所がけ温泉に泊まった。自炊部500円、旅館部は3500円、迷わず自炊部を選んで足腰をやっと伸ばした。その時の「酸ヶ湯」温泉がいつまでも記憶に残った。

 以来、2回酸ヶ湯温泉前をバスで通る「観光旅行」へ出掛けたが鄙びた風情の憧れの温泉だった。この度は、酸ヶ湯温泉もルートに選んでくれていた。冬場は7~8mもの積雪にもなる酸ヶ湯にやっとやって来た思いがした。

http:// 

 

津軽三味線・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月22日(水)06時51分40秒
返信・引用 編集済
   今回の旅の目的の一つは「津軽三味線」を目の当たりにして聴きたいとの願いだった。津軽地方の過酷な生活はあまねく知られて久しいが、そんな土壌から生まれた三味線は生活の糧として「門付け」で鍛えられ、世に出て洗練されて行った・・・ようだ。
 青森市内でも何軒か「ライブ演奏の店(居酒屋)」はあるそうだが、中でも有名な店、「甚太古」を選んでくれたようだった。20人は入りそうな店に客はわれわれを含めて10人、演奏はあの高橋竹山の一番弟子「西川洋子(80才くらい?)」だった。演奏者が1メート先にいて、撥さばきや左手の指で糸をはねる微妙な動きまで眺められた。津軽じょんがら節、津軽あいや節・・・などをリクエストした。津軽弁を交えての解説は半分は理解できなかったが、演奏はまさに琴線に触れるほどの熱気と上手さが伝わってきた。帰りは、未だ歩道に除雪した雪が高く積まれて残る中を興奮冷めやらぬほてりを感じつつ、ホテルに戻った。

http:// 

 

青森・ 弘前行・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月21日(火)06時27分38秒
返信・引用 編集済
   快晴の18日は7時45分伊丹発、苦手な飛行機も苦にならず、9時過ぎには青森空港に着いた。われわれだけなら「あれこれと戸惑う」ところだが、なかの一人に青森在住の知人がいて迎えにきてくれた。空港から、到るところ雪の中の弘前へ向かう。弘前城は大きくもないお城だが12城の一つ、「桜」にはまだまだ早い場内は観光客もほとんどいなかった。城の容姿は「岩木山」に相対していて小さいながら威風堂々の趣がある。桜満開の頃は、全国から来る客で日頃静かな城下町も大賑わいになるとか・・・。雪の中に「凜としてたたずむ城」はそれとは違った趣ももあった。

 午後は、青森市郊外にある古代遺跡「三内丸山遺跡」に案内してもらった。こちらはすべてが雪の中だった。古代人の住居跡は、あちこちの遺跡で見たことがあるがスケールも大きく「智恵と工夫」の結晶のような竪穴式巨大建築に圧倒された。

上 弘前城は移動され修理中
中 雪の中の遺跡
下 1.0mを越える栗の木の柱あと

http:// 

 

郷土料理と津軽三味線・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月17日(金)08時23分2秒
返信・引用 編集済
   宮崎県の郷土料理「日向汁」を食べた時は、「じつにおしいな・・・!」と思った。味噌汁にいろんな野菜が入っていた。そしてどこでだったか「呉汁」を食べた時も珍しい料理に感心した。呉汁は「大豆(枝豆)」をすりつぶしたものの「みそ汁」だとあとで聞かされた。日向汁は料理教室でも作ったが、宮崎のとはかなり違う味になった。やはり、郷土料理はその土地の人達の「ひと味違う工夫」がなされているように思う。

 明日から一泊二日で、青森県へ行くことになっている。ことの発端は、以前から太棹をばちで叩くように奏でる「津軽三味線」の音色を「目の当たりにして聞いてみたい」と密かに思っていたところ、「付き合いましょう・・」と言ってくれる4人の仲間が現れたことにある。なかの一人の「知人が青森にいます・・すべて準備させます」との有り難い申し出も、気持ちを急がせた。小さな居酒屋の狭い座敷の目の前で奏でる「津軽三味線」を楽しませてくれるようだ。

 津軽地方は「津軽そば」で有名だが、大豆(枝豆)をすりつぶしつなぎの代わりに入れて「練る」そばらしい。もう30年も前、何かの本で読んで知り、奥入瀬~八幡平へ行く際に青森のホテルで訊ねたが、「さあ?」と言うだけで若いフロント係は知らなかった。どうやら、しばらくは途絶えていたのを「若いそば職人」達が復活させてようだ。「蕎麦春秋」の12月号に弘前城前の蕎麦屋「野の庵」の店主の、「毎日、ひいひいいいながら打ってます・・・」との言葉を紹介していた。それも食べられたら「まさに願ったり叶ったり」になるのだが・・・・。

リベラル社の「蕎麦春秋」から

http:// 

 

加齢によるものです・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月15日(水)07時32分49秒
返信・引用 編集済
   料理学校の「お米のコース」にリゾットのメニューがあった。生米やバター・チーズ・オリーブオイルなどを使って作るイタリア料理の一つらしいが、男四人のチームでうまく作れずそれに味ももう一つだった。以来、リゾット作ることはなかった。

 いままで「まずまず健康な胃腸」のお陰でおかゆを食べることもあまりなかったが、かかりつけ医に「加齢による胃腸の衰えに注意が要りますよ!」と忠告された。おかゆやおじやではもの足らないし、ふと、あのリゾットを思いだしたが作るのも面倒なレシピに二の足を踏んでいたところ、格好のレシピが見つかった。土井善治の「みそリゾット」・・・「お米は洗わない、うまみの強い赤だしみそ汁でごはんを煮ると(油なしの)リゾットようにこってりと仕上がります・・・」と書かれていた。さっそく、ためして見た。ごはんでできる実に簡単レシピ、そのうえ美味しい。手の込んだ料理を食べたければ外食で、家では素材を生かしたかんたん料理が一番に思う。

おかずのクッキング3月号から

http:// 

 

練・錬・煉・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月14日(火)07時23分13秒
返信・引用 編集済
   ふいと開いた本に三つの「れん」について解説していた箇所があった。どれもよりよいものへ仕上げていく「意」らしいが、その中の「練習」は同じことを繰り返し習うことと書かれていた。ただ、同じことを繰り返すだけでは「遊び」と同じで、「目標」をもたないと上達しないとも書かれている。そば打ちもその通りに思う。「角出しをうまくなりたい」、「均等に切りたい」など、目標がいる。あれこれと、所用をこなさなければならない日々での「そば打ち」はちょっと「厳しいな」と思いながら、ふと気づいたのは1.0kg打ちにこだわらなくても良いのではと思うようになった。

 そばの打ち方は様々あるが、二八が一番おいしいと言う人も多い。江戸時代には七三、六四、五五(同割り)もあった書かれている。すべてを試して見ることにした。手始めに七三(そば粉7つなぎ3)で打ってみた。小麦粉が多くなれば吸水がどうなるのか打って見なければ分からない。心なしかねりも少し楽な気がする。のしもスムーズで案外楽に打てた。食べた印象は、二八とはちょっと異なる味に感じた。

蕎麦粉(上川町産400g)つなぎ(カメリア)200g 加水量260cc 

http:// 

 

若ゴボウはすべてを・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月13日(月)07時51分14秒
返信・引用 編集済
   八尾に行けば「若ゴボウそば(葉っぱを乾燥させ粉末にして練り込んだそば)」が食べられるらしいが、若ゴボウは根のひげをとるだけですべてが食べられる。近頃は野菜や果物を「地域ブランド」にして売り出しているが、素晴らしいアイデアだと思う。
 八尾のK君がもってきてくれる「若ゴボウ」も初めは、根っこの太いところと茎だけを食べていたが、アクの強い葉っぱも「茹でて冷凍しておき」小出しして炒めて食べると風味はややそこなわれるが美味しい。丹精込めて作くられたと思うと、その苦労もしのばる。

3/12 若ゴボウの葉と、もやし、にんじんをごま油で炒めた・・・

http:// 

 

湯桶はおよしよ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月10日(金)09時04分21秒
返信・引用
   手持ちの湯桶(ゆとう=そば湯を入れる器)は丸形だが、老舗の蕎麦屋に行くと四角い湯桶が出てくる。その角に注ぎ口が付いている。もう亡くなった東京の老舗蕎麦屋の店主藤村和夫は「丸形は丸に曲げた木のつなぎ目はのりでつないだものだから、熱いそば湯を入れるのは不向きで、それに比べると四角の湯桶はひのきでがっちり組み込んでいるのでそば湯が漏れる心配が無い、注ぎ口を角に付けるのはそば猪口に注ぐときに横から溢れることが無いからだ」と書いている。今はプラスチック製が多いので形は丸でも四角でもそば湯の漏れはないが・・・・。四角の角の横に注ぎ口をつけるので、人の話に「横やり」を入れるのを江戸っ子は「湯桶はおよしよ・・・」とも言ったらしい。しゃれた言葉で、奥が深い。

 昨日はSさんのそば打ち日、春は名のみの寒い朝でそば打ちには厳しい日だったが、午前8時50分スタートした。加水1回目から6分、2回目9分、3回目12分と順調に進み、地のし丸出し角出しと順調に進み、本のしもうまく行った。ただ、切りに若干の不揃いが見れ、時間オーバーが今後の課題になった。

 蕎麦粉(上川町800g)つなぎ(カメリア)200g 加水量432cc

http:// 

 

そばは人をつなぐ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月 9日(木)07時45分58秒
返信・引用
   タイトルは「そば好きの哲学者」のことばだが、趣味の何にでも通じる。ただ、そば打ちはチームプレイではないだけに技術の向上は個人で取り組むしかない。そのためには「打つ回数」を多くすることだけではなく「失敗」した原因を振り返ってみなければ上達は難しい。
 昨日は女性そば打ち会、3名が参加された。「月2回の会」だから多いひとは少なくても年20回は打っていることになる。

 そば好きの哲学者は「そばはざる始まりざるで終わる・・・」の言葉を残して2013年に亡くなられたそうだが、ざる(せいろ)そばがそばの原点であることは変わりないと思う。それにはそばの基本の「麺線(同じ太さに切られたそば)が揃っていて、茹でてもつながっていているそば」と言うことになる。「言うは易し」でこれがもっとも難しい。そば打ち自慢であっても、太いのや細いのが混じったそばは、技術の未熟としか言いようがない。
 女性のそば打ちも失敗のない「麺線の揃った」そば打ちが出来るようになってきた。続けてこられた成果だと思う。

 蕎麦粉(上川町産)信濃屋特選 800g つなぎ(カメリア)200g 加水率44.0%

http:// 

 

懇親会は・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月 6日(月)07時30分43秒
返信・引用 編集済
   一昨日は梅田で、かつて同じ職場の同僚だった者ばかりの懇親会が開かれた。幹事をさせてもらって6年目になる。今年は、40代~70代まで20名の参加があった。この中のお二人の縁で三回ほど「そば打ち会」にも出掛けたこともある。
 現役の人達ももう誰もかつての職場にいない。毎回、参加者全員に「今の職場での体験」や「かつての想い出、現在のこと」など、3分間ほどのスピーチをしてもらうことになっているが、すべての人が5分を越え今年もはなしは尽きなかった。2時間の「宴会」がほんの小1時間に思えた。こうした会は必ず先すぼみになり、消滅してしまうが、幹事を続けられる間は「続けたい・・・」と思う。こうした「会」がなければ現役の人達の職場体験やOBになっての過ごし方など、糧になる多様な「はなし」など聞くことなどはあまりない。
 帰りは駅におりて、ゆっくりと歩きながら参加者のそれぞれのはなしを反芻しながら家路をたどった。

http:// 

 

氏原暉男博士・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月 3日(金)08時43分42秒
返信・引用 編集済
   ソバ(蕎麦)を素人でも分かりやすく、しかも学問的に解説された本「ソバを知りソバを生かす・柴田書店」を書かれた信州大学名誉教授の氏原暉男博士が亡くなられて4年になるのを知った。

 この本は2007年(平成19年)に買った。中身はソバのルーツから日本に渡来したルートやソバの登録品種、在来種の種類、それに自身が開発された信州大ソバ(しんしゅうおおそば)の研究過程などが記されている。

 何より感動したのは東南アジアの麻薬栽培が盛んな地域に「それに変わる作物のソバ栽培」を現地で指導し、日本へ輸出する「強い思い」の実現に取り組んでおられたことだった。博士の取り組みに反して現地では「ソバ栽培への転作に意欲的とは言えない風土や気質もあり、安定した品質のソバが得られなかったこと、さらには日本の業者が積極的ではなかった」こともあって、決して成功したとは言えないようだった。

 ところで、多くの人を楽しませる大きな功績の一つに、ルビー色の花の咲くソバ「高嶺ルビー」を日本に紹介し、その種を日本に持ち帰り信州のあちこちに「ルビー畑」を出現させられたことだろう・・・。
 お会いしたことはないが、恐らく訥々とした口調の農夫然とした風貌、それに麦わら帽をかぶってひたすら信州の「ソバ畑」で研究にいそしんでこられたことだろうと思う。(種の持ち帰りは高度な国家間の交渉が必要で、この実現も博士の努力のたまものだと言える)

 この本のお陰でソバの多くのことを知った。最近はソバの新種への研究が盛んで「キタミツキ、レラノカオリ、タチアカネ・・・」などの新品種なども登場してきた。博士の目指されたものの多くがあとに続く人達のお陰で後世に伝わるような気がする。

http:// 

 

旬の野菜が」・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 3月 1日(水)07時44分1秒
返信・引用 編集済
   昨日、今年も八尾のKくんが「若ゴボウ」を届けてくれた。根っこから茎葉っぱまで食べられる貴重な野菜で、早速下処理をして夕食に間に合わせた。根っこのこりこりした歯ごたえ、繊維質の多い茎の少しとろりとした味わいはこの時季の貴重な野菜の「本領」かも知れない。実に美味だった。葉っぱは茹でて、後日、「じゃことしょうゆ」の煎り煮にするつもりで「冷凍」した。ひと足早い「春」の味を楽しませてもらった。

http:// 

 

冬から春へ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月27日(月)07時34分15秒
返信・引用 編集済
   一人でのそば打ちは(先人達の蕎麦への思いを感じながら・・・)暖房しないで打つことにしている。1~2月は合わせても7,8回くらいしか打たないが、今年もっとも気温の低かった日の朝のそば打ち部屋の室温は6℃だった。手先や特に足先へ血流が滞る気がして「ムリかな?」と、と思ったほどだった。今朝などは10℃もあり、かなり楽になってきた。

 新そばは年明けの1,2月頃にもっとも「熟成され」美味しい、と言う人もある。寒ざらし蕎麦も今頃から彼岸の頃まで冷たい清流にさらし「熟成」させるらしい・・・。

 そば打ちはいつも特定の「蕎麦粉」しか使わないが、「お土産にいただいた蕎麦粉」などで打ちやすさ、打ちにくさを感じるときもある。そば打ち教室から大勢の蕎麦屋を開業させた一茶庵の当主は「良い蕎麦粉ほど打ちやすさ=つながりやすさがある」と言う。素人は「良い蕎麦粉で打つべきだ」と言い切っている。とは言え、あちこちの高価な蕎麦粉は使えない。せめて国産の挽きたてに近い蕎麦粉で打つことにしているが・・・・やっと待ち遠しかった春がきた。

http:// 

 

そばのある楽しみ・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月26日(日)08時41分55秒
返信・引用
   「そば好き」にとって、「さほど好きにも思えない人」から見れば、なんでこんな寒い時に「ざるそばを?」と写るかも知れない。打てて食べられる幸せは「何ものにも代えがたい・・」。
 高橋邦弘の元にも多くの若者が「弟子入り」を希望してやって来るらしいが、「そばが好きでそば打ちが好きな者しか続かない」と述べている。かつて、千里の教室で「そばは好きではない」と公言してはばからない人もいた。他人事ながら「そんな人の打ったそばなど食べたくない・・・」。例え麺線の揃わないそばでも「一生(一所)懸命打ちました」と言ってもらえば、有り難く、嬉しく・・・食べたい。

 そばはつねに打っていなければ、どこか手順や手許が狂いうまく打てない。毎日同じものを作る職人さんでも「間が空くと失敗する」と言う。ものを作るとはそういうことらしい。

 昨日は所属団体の「幹事会」があり出席した。無くなってもよいような団体だが、20年以上続いてきた経緯もあって解散の声も出ない。平均年齢は70才代後半だから、何を協議するにしても時間がかかる。それに「合間、合間に回顧話(自慢)が挟まり、会議が前に進まない」・・・はやり言葉ではないが大事なのは「過去ではなく今でしょう!」と叫びたくなる心境に陥る。2時間ほどの会議は苦痛に感じた。

http:// 

 

93才の方の弁・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月25日(土)10時29分17秒
返信・引用 編集済
   先日、地区研修会の受け付けで顔見知りの女性が「毎朝、<有り難うございました・・今日も一日感謝して過ごします>と大声で言って・・・起きています」と言っておられた。80才を少し過ぎた方かな?と思っていたが93才とお聞きして驚いた。地区の方々も人の集まる会に参加されると「いきいき」として帰られる方が多い。いろんな講演会でも「孤独は仕方がないが孤立はダメですよ・・・」とたびたび聞かされる。先の女性も「お金のかかる集まりはいくらでもあるが、研修会などの入場無料の研修会などは、参加するだけで得をした気持ちになれます」とも言っておられた。「独り暮らし」の方だが、はなしをするだけでも教えられる。集まりに参加する意義は「人は一人でないことにつながる」を実感する。われわれの「そば打ち」も人にそんなきっかけを作り、つながりを作りたいものだ。

 TVは1週間、新聞は1ヶ月、雑誌は3ヶ月・・・新たらしく開店した蕎麦屋を紹介するメデイアが集めるお客の続く期間を言のだそうだが・・・情報を得た内容の人の保つ知識の限界にも似ているように思う。



 

http:// 

 

同好の仲間がいれば・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月24日(金)07時50分38秒
返信・引用 編集済
   昨日はSさんのそば打ち日、平成22年以来だからもう8年目になった。一人で月2回、よくぞここまで通ってこられた。そばは一人で打つものだから単独でも打てるが、単純な作業ながら難しい技術も必要になる。同好の仲間がいれば互いに心強い。

 平成15年から16年には天下茶屋の「信濃屋そば打ち教室」へ、そして平成17年から21年まで「千里そば打ち教室」に通った。千里の教室は当時、2段位が最高位の「講師陣」だったが5年の間に3段から4段へ、そして中には今や5段になられた方もいる。最高の講師のもとで習ったことになる。決して手を取り足を取りの教えではなかったが、講師の皆さんは「実にオーソドックスな江戸流の打ち方」で違和感のない打ち方だった。太いのや細いのが入り交じることのない麺線の揃いが見事だったのを憶えている。

 そんな雰囲気の中のそば打ちだったので、自然に「江戸流」の打ち方がもっとも合理的で美しいとさえ思えうようになった。

 昨日のSさんのそばは麺線も揃いもよく、うまく打てたようだった。

蕎麦粉(上川町産)800g つなぎ(カメリア)200g 加水率43%

http:// 

 

美味しいそば・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月23日(木)07時33分8秒
返信・引用 編集済
   昨日は女性そば打ち会、3人が参加された。蕎麦粉は封開けから2週間くらいが香りも高く美味しいそばになる。そこで、蕎麦粉が残らないように昨日は外二で打ってもらった。いつもより二割増しの蕎麦粉の量で、少々力が必要だと感じられたに違いない。それでも、失敗なく「打てる」のは実力が備わってきたからだと思う。

 蕎麦粉(北海道上川町産)1.0kg つなぎ(カメリア)200g 加水量約530cc

http:// 

 

蕎麦サラダ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月22日(水)08時22分34秒
返信・引用
   そば打ちは体力が必要なこともあって男性の職業のように思われるが、女性のそば打ちも「専門誌」にたびたび紹介される。とは言え、やはり圧倒的に男性が多い。ところが、「そばも料理の一つ」として、最近は女性の創意工夫をこらしたそば料理がクックパッドなどに多く紹介されている。乾麺を使うものや蕎麦粉を使うものまで、多くある。3年ほど前、新しく開店した豊中駅近くの「蕎麦屋」でそばサラダが出てきたときは驚いた。ガラスの器にそばと水菜とトマトが盛りつけられドレッシングがかけられていて、意外と美味だった。

 そばの豊富な栄養素が女性に注目され、いろんな料理に取り入れられているようだ。そばガレット、そば粉のたこ焼きもある。そばガレットは、賞味期限が迫るそば打ちには使えない量の蕎麦粉が残った時など、多く作って「冷凍保存」しておくと2,3週間はもちそうだ。これなども、捨てていた蕎麦粉を女性の「創意」で有効利用できることを知った。

http:// 

 

早春賦・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月20日(月)09時48分49秒
返信・引用 編集済
   毎月の第三土曜日は地区会館で「ふれあいサロン」が開かれる。受け付けで100円を払って、部屋に入れば長机を二つ並べて6人が座れるようにして36席あるところで自由に座り、コヒーか紅茶とかんたんなお菓子を楽しめる。スタッフはコヒー・紅茶の係の女性8人ほど、受け付けはわれわれ男性が5人、名簿記入や名札渡し、会費管理に机イス並べがある。係になってもう、14年目となった。午後1時から4時までだが、準備は12時半から片付けを終えて帰宅すると4時半頃になる。3時間おしゃべりを楽しんで帰られる方々を見ると、こちらも嬉しくなる。

 終了間際には皆で、季節に合わせた唱歌を唄ってお開きになる。先週は「早春賦」だった。長野県の安曇野あたりの光景を歌ったものらしい。・・・・好きな歌で好きな歌詞でもある。

 2番の歌詞  氷解け去り 葦は角ぐむ
        さては時ぞと 思うあやにく
        今日も昨日も 雪の空
        今日も昨日も 雪の空

 難しい歌詞だがさすがに高齢の方ばかりの合唱は字句の読み違えもなく、楽しそうに唄っておられた。

http:// 

 

ざるそば・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月17日(金)08時00分46秒
返信・引用 編集済
   気の置けない友人が集まると、やはり「ざるそば」をたべてもらうことが多い。中には「鴨南蛮が食べたい・・」とか「鴨汁そばが食べたい・・・」などと言うのもいる。「蕎麦事情」にうといものばかりだから、やっかいだ。
 蕎麦は打つのも調理にも時間がかかる。とは言えいつも同じ蕎麦粉で愛想がない・・・。普段は同じ製粉会社の同じ「国産蕎麦粉」を買っているが、たまには人気の在来種を打って、食べてもらたいと思い、ブランド蕎麦粉を1kgだけ買って打つこともある。福井の金華などは1kg2700円もして、配送料を入れると3000円は優に超える。(小麦粉のカメリアは1kg300円前後・・)、ブランド蕎麦粉の値段では素人のそば打ちには手が出ない。

 そんな蕎麦粉で打ったそばを「ざるそば」だけで食べさせるのは割に合わないのか、蕎麦屋では「蕎麦会席」にして出すところも多い。3月に青森へ一泊2日の旅に誘われ、一抹の不安を感じながらも「OK」をしてしまったが、青森は言わずと知れた大豆をつなぎに使う「津軽そば」がある。その手間のかかる「手打ち」に一時は絶えていたが、蕎麦仲間が復活させたらしい。弘前城近くの青森津軽蕎麦屋「野の庵」へはぜひ行って見たいが、ここも「蕎麦会席」だけらしい。










 

http:// 

 

大分県杵築市の高橋邦弘・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月15日(水)08時20分8秒
返信・引用
   大分県の国東半島のつけ根にある杵築市は伊予灘に面した温暖な気候で有名らしい。広島県の豊平町から移住したあの高橋邦弘はここに「終の住み家」の蕎麦屋を造り、昨年秋に開業する予定だったらしい。それの「延期」の知らせがHPに載っていた。

 豊平町は広島県ながら冬には積雪もある土地らしく、70才を越えた年齢の「そば打ち」には過酷だったようだ。杵築市は大分空港にも別府温泉にも近く、その上温暖な気候ともなれば「住むにも適地」なのかも知れない。

 「そば屋 翁・・・ぼくは生涯そば打ちでいたい(文藝春秋社)」の文庫本から多くの示唆に富んだ知識・教訓を得た。それには「小島敏夫様 平成19年6月12日 達磨 高橋邦弘」のサインがある。近鉄デパートの「そば打ち会」で目の前で書いてもらった唯一のサイン入りの愛読書である。

 プロ・アマを問わず「そば打ち」への純粋な気持ちを身を持って示し続けた。そば打ちの巨人と言える。

http:// 

 

孤立と孤独・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月14日(火)07時26分59秒
返信・引用 編集済
   かつて所属していた「山の会」の仲間が拙宅で集まることになった。ところが、ささいなことで、ご破算になった。久しぶりに集まるのだから美味しいものでも食べながら「愉快に過ごす」はずだったが、その「美味しいもの」がつまずきの原因だった。高齢になると好みに偏りができ、「これにしよう・・・」「それはダメ・・・」「あれにしよう・・・」「それは食べられない・・・」などとメールが飛び交い、集まりは延期になった。
 先日、聞いた講演でも「高齢の男性は孤立しやすく孤独死につながる」とか、うなずける。理由は許せる範囲(他人の意見を受け入れる「許容」範囲)が狭くなり自我がでやすいらしい。講演の講師も「受けると思うはなしでも、笑ったりうなずいたりするのは女性で、ウデを組んで押し黙っているのは男性です」と言っていた。そう言えば桂壱之輔独演会でも同じことを言っていたのを思いだす。

 高齢になれば「短気になります、特に男性は」とは心理学者の分析だが、その通りに思う。先の利尻から屋久島まで一緒に登山し肝胆相照らす仲間と思っていた「山の会」の仲間も、ご多分に漏れず・・・さてどうなることやら。 

http:// 

 

No2

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月12日(日)09時03分30秒
返信・引用
  続き・・

http:// 

 

南寺方でのそば打ち会・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月12日(日)08時58分2秒
返信・引用 編集済
   昨日は守口市南寺方町自治会からの依頼で地区の自治会館で「そば打ち会」を開かせてもらた。本会からは総勢10人で出掛けた。そば打ち会はまさに「一期一会」、参加された人達にも二度とお会いする機会がないかも知れない。それだけにわずか2,3時間ながらすべてがおろそかにできない。

「見本打ち」をお願いしたI君、K子さんも上々の出来映えのそば打ちだった。それに「体験そば打ち」をされた皆さんも真剣に熱心に取り組んでおられた。すべてを終え「試食」をされた感想は「美味しい」だったが、さてそれは・・・・?素直に受け止めたい。

 そば打ちは「包丁や刀」と同じで、研がなければ使い物にならない。不断の「練習」を積み重ね一期一会の「喜んでいただけるそば打ち会」を目指したい。ここにあらためて、参加スタッフが一丸となって取り組んだ「そば打ち会」だったことを報告したい。<スタッフの皆さんにあらためて感謝いたします>

http:// 

 

集いは・・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月10日(金)07時50分32秒
返信・引用 編集済
   昨日は午後に地区住民の研修会として、福祉会会館で近くの梅花女子学園の中・高校長兼梅花学女子大学教授の講演があった。みぞれ混じりの天候もあって、イスを60ほど並べたが、はるかに超える参加者があった。「人の心とは・・・」と題しておよそ2時間ほどの話に、いつもなら幾人かは席を立つ人もいるが、昨日はそうした人は誰もいなかった。話の上手さも話題の豊富さも群を抜いていていた。なかでも好きなものへの参加は寿命を延ばすとか・・・そば打ち会もそうありたいと思う。

 午前中はSさんのそば打ち日・・・・。寒い日だったが8時半過ぎには来られ、9時前にスタートした。

 江戸流のそば打ちは「完成した(された)技術」で、合理的で洗練されたものと言える。自己のそば打ちや(我流の)欠点克服は美味しいそばにつながる。

蕎麦粉(上川町産)800g つなぎ200g 加水率38.2% 

http:// 

 

そば打ちは・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月 9日(木)07時54分22秒
返信・引用 編集済
   そば好きの人には「手打ちそば」は喜ばれる。打って食べて、他人にも喜んでもらうには、絶えず打っていないと「技術」は維持できない。基本をしっかり身につけたつもりでも、加水が多かったり少なかったりすると、無残なそば打ちになってしまう。加水はそれほど難しい。

 昨日は「女性そば打ち会」だった。6人が参加された。毎回、封開けの蕎麦粉で打ってもらうことにしている。国産蕎麦粉の同じランクの蕎麦粉でも微妙に「加水量」が違うこともある。初めに打つひとの「加水量」を参考に次々と打つが、幾人か集まって打つ「そば打ち会」では、こんなところにも、互いに「技術上達への秘訣」もある。

 蕎麦粉(北海道上川町産)800g つなぎ200g 加水量440cc前後

http:// 

 

そば打ち会のお知らせ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 2月 4日(土)08時31分1秒
返信・引用
    既報の通り、2月11日(土)守口市南寺方自治会の依頼を受け「そば
 打ち会」を実施いたします。皆さんのご協力をお願いいたします。

 集 合 : 午前9時・南寺方自治会館前
        道具類の搬出協力員は午前7時45分に「そば打ち教室」
       へ、他の同好会会員は直接南寺方自治会館へ午前9時に集合
       願います。

 準 備 : 9:00~10:00

 そば打ち: 10:00~11:00 見本そば打ち
       11:00~12:00 体験そば打ち

 試 食 : 体験そば打ち終了後~13:30まで

 片付け : 13:30~14:00 片付け・解散

 昼 食 : 同好会が準備します。
(交通費)
 駐 車 : 2台分しかありませんのでご注意願います。

                      からまつそば打ち同好会

http:// 

 

あざなえる縄の・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月21日(土)08時17分45秒
返信・引用
   年明け以来、なかなか思うようなそば打ち時間がとれない。素人でも2時間もあれば準備~そば打ち~片付けまで何とかなるが、気ぜわしい気持ちがあればなかなかそうも行かない。屈託があればそれがそば打ちにも表れそうで、木鉢に向かっても気後れする。
 例年、1月初めにスタートして1月中には3~4回は打つところだが、なかなか進まない。口の悪い友人の言葉を借りれば「お前の運勢は今年は盛運が遠のいた状態だ」とか、お節介な運勢判断だと気分を害したが、「禍福は糾える縄の如し」を信じたい。

 「外国産の蕎麦粉は不味くない」との、取材記事が「蕎麦春秋」に載っていた。長年の輸入業者の言葉だからにわかに信じがたい。米国産の蕎麦粉の「食味」は、ちょっと違う。麺類業者の食味テストでも評価は低い。俗に言う「味覚に鈍感(音痴)」の人もいるから、「何を食べても同じ」に思えるのならこだわる必要もないが・・・・そば好きに取っては「味(喉ごし)」は、好きだからこそこだわる。

http:// 

 

そば打ちの品位・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月20日(金)09時11分21秒
返信・引用 編集済
   そばは大名・僧侶から庶民まで広く好まれた歴史がある。と、なると自ずと打ち方、食べ方にも品位・品格が要求されたと思われる。小笠原流のそばの食べ方は「音を立てずに(楚々?)と食べる」と書かれている。

 打ち方は理にもかなっていて、見た目も「美しく見えるように打つ」ことが江戸そば打ち職人が競った打ち方だったようだ。

 昨日はSさんのそば打ち日だった。こちらのアドバイスもずいぶん少なくなるほどの「打ち方」になってきた。

 蕎麦粉(上川町産)800g つなぎ(カメリア)200g 加水率43.8%

http:// 

 

編み出すというより紡ぎ出すと言う方が・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月19日(木)07時51分0秒
返信・引用 編集済
   十数年前、職場の同僚のお姉さんの経営する福島区の「料理店」に「料理教室の部屋で良ければフランス料理を材料費だけで食べてもらえるように、姉に頼んであげますよ・・・・・」と声をかけてもらった。二つ返事で職場の親しい仲間6,7人と出かけた。
 料理店の外付け階段を上がった2階はこじんまりとした料理教室になっていた。料理テーブルが四つ、あとは厨房の設備だけで、清潔だが飾りっ気のない部屋に案内された。中では、お姉さんと料理人が待っていてくれた。前菜から始まるコース料理だったが、それぞれに料理・材料の解説はお姉さんが、料理人はもっぱら料理に専念し「美味しい」と叫ぶと、こちらを見て「微笑む」以外は、ほとんど声をかけてくれることもなかった。背が高く、エプロンと帽子が似合い、「凜としていて」何より手際が良かった。同僚の若い女性達も見とれていた。
 その頃はもう料理教室へ通って3年目くらいだったが、料理は「美味しく作れれば良い」だけではなく、何かが潜む素晴らしいアートのように思った。

 昨日は、今年初めての「女性そば打ち会」、二段位認定を受けて以来6年を越えた。「うまずたゆまず」の言葉通り、打ち続けて来られた。もうアドバイスの必要もなくなってきたような気がする。

 蕎麦粉(2016年上川町産)特選800g つなぎ(カメリア)200g 加水率およそ44%

http:// 

 

励みはいつ・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月17日(火)07時56分11秒
返信・引用 編集済
   この時季の早朝そば打ちほど身に堪えるものはない。日中の少し暖かくなってからでも良いようなものだが、何年もの習慣で朝早くに済ませておきたい気持ちになっていつもの通りになる。7時から打ちを始めるつもりで「そば打ち部屋へ」と家の外へ出ると、ご近所の知り合いの奥さんに出合った。「山の会」に所属されているようで、月に2回は山行に参加されているらしい。一日山行にしては「重装備」だったが、この季節を心得た山行スタイルに年季を感じた。お歳は70才少し前だと思うが、若々しくと言っても派手でもない「身に合ってそして凜とした姿勢」に、勇気づけられた。

 「人が人から勇気づけられるのは言葉ではなくその人の行動からだ」と言った人がいるが、その通りだと思う。黙して、「語らなくても・・・・」学ぶ気持ちがあれば、何かが得られる。

 そば打ちも「更科粉」や「挽きぐるみ」、「玄挽き」をも打てるようになりたいと思った時期もあったが、年間の打つ回数が少ない状況ではとてもムリだと気づいた。

http:// 

 

そばが打てる楽しさ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月15日(日)07時10分16秒
返信・引用 編集済
   友人や知人にはいろんな趣味をもつものがいる。馬術、ピアノ、折り紙、マジック、手話、料理、絵画、詩吟など・・・・それぞれに定年退職後に教室に通って、身に付けたようだ。なかには「介護施設」や「小学校」などで披露している人もいる。

 そば打ちは「大受けする」ことが多い。一朝一夕に身に付けらるものではないから、その技術の高さに感心するのだと思う。

 われわれのそば打ちも「素人」の範囲を出るものではないが、人に披露するときは食べものだけに「手さばきに鮮やかさや美しさ」も必要に思う。打っている段階で、麺帯の大きなひび割れや破れが生じたものを「さあ~どうぞ」と食卓に出されても「興ざめ」になる・・・・。最近はもうめったにないが、「男の料理教室」に通っている友人に、「危なっかしい包丁さばき」に「なれない味付けの料理を食べさせられた」ことがあるが、これだったら「つまみは買ってくれば良かった」と思ったこともあった。

 「日々研鑽」とはプロの言葉だろうが、趣味であっても「研鑽」は必要であることには違いない。故郷の小学校時代の恩師に「寺の住職」でもあり「画家」としても名を馳せた先生ががおられ、毎年京都の木屋町の画廊で「個展」を開かれていた。その先生の言葉に「絵はぼくの趣味だが、退職してからはプロに負けないくらい絵に時間を割いているよ・・・」と、言われていた・・・もって瞑すべしと思った。

http:// 

 

病院検査の結果は・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月11日(水)08時13分46秒
返信・引用 編集済
   かかりつけ医のすすめもあって大病院で「様々な検査」を受けたが、その検査結果から受けた大病院での治療にするか、結果を「かかりつけ医」に戻して治療するかの選択を迫られ。大病院では通院が面倒なので「検査」だけにして、治療はかかりつけ医にお願いすることにした。その大病院からの「検査結果とかかりつけ医への治療のアドバイスの書かれた報告書(画像CDも)」は(何回も受けた現職時代の人間ドックなどでも)、かつては見たことはなかったが、この度「かかりつけ医」に見せてもらった。

 難解な専門用語の羅列の大半は理解出来ないが、患者本人の既往歴や家族の病歴も検査判断の材料にし、病変はどれくらいの期間(スパン)で変化し重篤な状況になっていくのかも予測しているようなことも書かれてているが、報告書の「開示」は有り難いことに思った。

 それにしても見たこともない「医学用語」が多い。これでは患者に説明しても患者は「理解困難」に陥る。医学用語をカンタンに・・・」と提唱された時期があったようだが、改善された節がない。

http:// 

 

届いたのかな?

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月 9日(月)08時55分14秒
返信・引用
   蕎麦の専門誌「蕎麦春秋」を購読してもう6年目になる。季刊誌だから、年4回の発行で記事は蕎麦店紹介が多い。それも東京都内や東京近郊県が大半である。発行部数も少ないようで「採算がとれているのかな?」と思うときがある。3,4年ほど前、地方の購読者の「蕎麦店の紹介が東京ばかりで魅力がない、もう購読をやめようかと思っている・・・」との「読者の声」に、サンデー毎日の編集長から蕎麦春秋の編集長へ転身した編集者は、「よいものを送り届けるのは編集者の使命、採算ぎりぎりで頑張っている」との返信が載った。

 東京からみれば地方に住むわれわれは「恐らく訪れることもない東京の蕎麦店の紹介記事」は、余り興味は惹かれないが、最近は紹介記事でも蕎麦屋店主の「蕎麦に対する取り組みや人生感も綯い交ぜになった記事」は「面白い」と思えるようになった。

 雑誌への投稿はめったにしないが、巻末にアンケートハガキが付いているのに意見を書いて送ってみたら、それが採用されて記事として載ったことがあった。前年の秋季号に「蕎麦粉をぜひ取り上げて欲しい」と書いたら、今季号は「蕎麦粉の特集」記事になった。投稿ハガキの影響とも思えないが、素人が対象の蕎麦専門誌なら「蕎麦への正しい知識」を伝える役割も担って欲しいものと思う。廃刊にならない限り購読を続けてみたい。

 

http:// 

 

そば打ち会・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月 8日(日)07時47分29秒
返信・引用
   昨年2月に守口市南寺方の自治会からの依頼で実施しました「そば打ち会」が好評だったとのことで、先日、今年も以下の日程でお願いしたいとの再度の依頼がありました。お忙しい時期かと思いますが、同好会会員の皆さんのご参加をお願いします。

 日 程 2月11日(土・祝日)
 場 所 南寺方自治会会館(昨年と同じ場所)

 (1)昨年は自治会役員の皆さんが対象でしたが、今回は自治会の一般会員が対象とのことです。
 (2)人数は15~20人程度です。
 (3)見本打ちの後、体験そば打ち、試食の順序を予定しています。

  詳細は追って掲示板に掲載いたします。

http:// 

 

職人さんのそば打ち・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月 3日(火)08時16分20秒
返信・引用
   プロのそば打ちを見ていると「その見事さ」と「素早さ」に驚く。年期の入った手なれたワザくらいにしか思っていなかったが、蕎麦専門誌「蕎麦春秋」のそば店紹介記事を読むと、店主のそば打ち修行は並大抵のものではないことが分かる。それも、教えてもらうのではなく「見よう見まね」で習得するのである。

 高橋邦弘の一番弟子「安曇野翁」の若月さんはお小遣い程度の給料をもらって7年も店にいたと書かれている。最初はいわゆる「まごつきから始まって少しずつ高橋邦弘の打つのを見ながら習得」したと思われる。雑誌「手打ち蕎麦を・・・始める人へ」の写真を見ると、高橋邦弘かと思うほど「基本に忠実に」打っている。素人のそば打ちは少し打てるようになると、我流になる人も多い。そば打ちも「基礎をしっかり身に付けていない」と、「打てる」というだけで見ていても「変則的な(違和感のある=見苦しい)」そば打ちになりやすい。千里の教室に通っていた頃は一年くらいで「やめる人が大半」だったが、多分そば打ちの基礎的な技術を習得しないままだったのではないか。高橋邦弘の店でも多くの人が弟子入りをしたが、やはり続かない人も多かったようだ。

 江戸流のそば打ちは江戸時代に職人達が完成させた「見事で美しいそしてもっとも合理的なワザ」と言われている。今年は昨年の轍を踏まないように、今一度、素人は素人なりに「基本のワザ」を思い起こしながら打ちたい。、

http:// 

 

3割減とは・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月 2日(月)08時26分8秒
返信・引用
   昨年の台風の影響で北海道の蕎麦の収穫は、12年前と同じ状況の例年比で3割減だったらしい。当時は段位認定会受検で「そばを楽しむ」余裕の無かった頃で、そば打ち教室の講師から二段位受験後「持ち帰ったそばは食べましたか?}と聞かれたが、打ったそばの味などさっぱり分からなかった。後日「あれはオーストラリア産の蕎麦粉ですよ」と教えられたが、そう言えば「そば打ち教室」で講師の打つそばと「どこか違う」ものを感じた経験がある。そして蕎麦粉を外国から輸入しているのを初めて知った。

 蕎麦生産の半分近くを北海道で占めるところから、今年も蕎麦粉の価格上昇は避けられないのではないかと思う。当然、在来種蕎麦粉の価格も上昇するだろう。「蕎麦屋」のざるそばは700~800円くらいだが、1000円ともなれば、価格に見合う食べものにはならないのではないか?

http:// 

 

にしんソバ・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月 1日(日)22時02分35秒
返信・引用
   元旦の朝はにしんそば。京都松葉のようなにしんそばとはいかないが、それなりに美味しく食べた。今年も「そば打ちを楽しめたら」の願い込めて・・・・・。

 写真は「京都松葉のにしんそば」

http:// 

 

年の暮れは変哲もなく・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 1月 1日(日)08時42分3秒
返信・引用 編集済
   予定のそば打ちを終えた大晦日は、ここ何年も大掃除をするでも買い物に走るでもない「ひっそりとした」ものになる。いつもなら斜めにちらちらと見るNHKの「紅白歌合戦」も、今年は家人に付き合って最初から最後まで見てしまった。

 今年の晦日そばは「辛み大根そば」にした。八尾のK君が持ってきてくれた辛み大根は「そんなに辛くないかもしれません・・・」とのことだが、やはりからみ大根本来の辛さがあって「ざるそば」にも良く合う。越前流の「辛みそば」の食べ方よりも、そばつゆに少しずつ入れて食べる方が「性に合っていて」好きだ。

 

http:// 

 

掉尾を飾る・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月31日(土)08時11分46秒
返信・引用 編集済
   昨日は室温10℃に満たないそば打ち部屋に、Sさんが早朝からやってこられ二人でそば打ちをした。こちらはいつもの年なら29日、30日、31日と3日間連続で打つのを習慣にしていたが、今年はいろいろなことが重なって30日に2回打つだけになる。

 Sさんも、「年越し蕎麦」としてどなたかに差し上げるおつもりらしい。麺棒の音、包丁の切りの音しか聞こえない「部屋」はそば打ちにふさわしい。Sさんの仕上がりも上々で「掉尾を飾る」とはこのことだった。13時前、互いに「来年もまた頑張ってそば打ちに励みましょう!」と言いつつ終えた。

蕎麦粉(北海道上川町産の年越し蕎麦とラベルが貼ってある)800g つなぎ(カメリア)200g 加水量 約440cc
 

ソバの在来種と改良品種・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月30日(金)07時51分5秒
返信・引用
   ソバの「在来種」は長年その土地で作られてきたソバ、「改良品種」はソバの品種の改良を重ねて国に登録された品種で大量生産向きということになっている。
 在来種は古くから全国各地で栽培されておよそ70種(もっと多いかも)くらい、改良品種ソバも30種類ほどある。ソバは自家受粉できないので、栽培地の近くに違う品種のもが栽培されていると「交雑」してしまい、栽培農家はそれを嫌いその土地古来のソバを受け継いで守っている。そしてかつては自家用に栽培していたようだ。今も、少ない生産で地産地消ソバと言える。

 ソバは救荒作物と言われ「ほっておいても育つ」ように思われているが、決してそうではないらしい。その土地に合ったソバがあって、まさに土地が大切で「同じ種でも異なる土では、できも、味も」違うとか。ソバは倒伏(台風などで)しやすく、雨にも弱い。水はけの悪いところでも育たない。となると、他の作物並みの手間もかかりる。

 関西以西の在来種ソバの栽培地は少ないが、古くからのソバを食べてきた中国山地の中にはそんな土地もある。ぶらり訪ねて食べてみたいものだ。丹波蕎麦街道の某店は「北海道産の改良品種そば」だったが、大阪か出掛けて「ふだん食べてるもの」では、いささか気落ちする。
 
 

読書室に・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月29日(木)15時45分38秒
返信・引用 編集済
   人間ドックは検査の項目も順も決まっていて、ムダな時間がないようにしてあるが、検査入院は検査がランダムに入って慌ただしく意外とハードな2泊3日だった。
 初日は午前中に2つ、午後は担当医の話だけ。2日目は昼食を挟んで2つ、そのあとはずっと空いて5時半から、もう検査技師が帰ってしまっていて担当医が自ら検査した。空き時間があっても、ナースからいつ「検査へ行くように」との指示が入るか分からないのでベッドから離れられない。
 RIもMRもそして頸部や心臓のエコーも通常より長く、RIは血管に放射性物質を通すので技師が注射をするが、やり直しを何回もしていてずいぶん痛い思いをした。また、9月に経験しているMRの検査も通常より長く、1時間もかけていて苦痛に感じた。3日目は担当医の話があって午前10時退院となり、外に出て寒さに驚いた。

 吹田と箕面の間にある国立循環器センターは景色の素晴らしいのと、病院食が美味しいらしいとの評判もあり入院とは言え、楽しみにもしていた。病室は10Fの4人部屋の廊下側のベッドだった。窓側は箕面連山側だが窓側の二人ともブラインドを下ろし、一日中カーテンを引き個室のようにしているので、外の景色は残念ながらまったく見えなかった。となりの個室病室から窓越しに見えた箕面の山々は想像以上に「秋の名残りのみごとなもの」だった。

 検査待ちの間は持参した文庫本を読んでいるしかなかった。お陰で3日間に4冊の文庫本が読めた。蕎麦関係の本ばかりだったので、楽しく読めた。
 

年越しそば・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月25日(日)09時43分55秒
返信・引用 編集済
   平成16年と言えば、まだそば打ちを始めて二年目、500gのそばがやっと打てる頃だった。そんな年の年の瀬の12月31日に「からまつ山の会」の今はもう何年も顔を見せないY君がやって来て、二人でそば打ちをした。そして友人や近所の方用や自宅分を含めて5回打ったと日記に記している。彼も2,3回は打ったのかも知れない。

 恐らくもらった方もありがた迷惑の「年越しそば」だったと思う。いつももらっていただく中のお一人は、習い始めて以来だからもう12年以上にもなる。毎回、「だんだん上手になられますね・・・と言っていただくが社交辞令なのかな?疑心暗鬼にもなる」

 今年は例年に比べて「打つ回数」も少なかった。年越しそばは「打たないとそれこそ年が越せない」気持ちなので、何とか頑張りたい。蕎麦粉、打ち粉、つなぎも揃い、出陣の準備だけは整った。
 

crepeとgalette・・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月23日(金)08時35分33秒
返信・引用 編集済
   クレープと言えば小麦粉で作ったパンケーキと思っていたが、ガレットは蕎麦粉で作った塩入りの薄く円形に焼いたクレープをフランスのブルターニュ地方の郷土料理ではガレットと呼ぶらしい。(どちらもフランス語で・・・)

 今年はいろんなことが重なって、思うようにそばが打てなかった。蕎麦粉の賞味期限は二ヶ月と表示されているが、夏場の30度を超える時季はもっと短いように思う。ざるそばでは香りは抜け美味しさも格段に落ちる。残った蕎麦粉の2ヶ月を越えるものは、以前は捨てていた。今年はかなりそのガレットにして食べた。レシピはもっぱらPCのクックパッド見ながら作ったが、そばの味を楽しむよりも「トッピング」の味を楽しむことになった。それでも捨てることを思えば「目からうろこ」の実に良い利用に思えた。

 近年の統計ではロシアは80万トン、カザフスタン28万トン、ウクライナ18万トン、フランスでも15万トン、それに比べると日本は3.3万トンくらいの蕎麦の生産量だが、こうした国では朝食は意外とクレープ(ガレット)が多いらしい。京都でもガレット専門店もあるくらいだから、クラシカルな「ざるそば派」もモダンな「ガレット派」も、共に楽しめて良いのではと思う。
 

献身の対象を・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月21日(水)15時25分51秒
返信・引用 編集済
   「武士は己を知る人のために死ぬ・・・」は、葉隠れ武士の精神とか。そう言えば「献身の対象を見いだした人は幸せである」は評論家の故亀井勝一郎の言葉だが、相通じるところがある。

 「人に何かをしてあげよう」は、「何かをしてもらいたい」より幸せ感がある。福祉活動をしていると「してもらいたい側の人」にはいつも不満がある。切りのない要求や欲求に付き合い切れないいらだちが残るが、それでも尽くす側の方が「幸せを」を感じるのはなぜだろう。それも脳は献身の対象と感じるのだろうか?人の性(サガ)」は複雑で難解だ。

 一昨日、八尾のK君が「からみ大根」をたくさん持ってきてくれた。何でも今夏の信州登山の帰りの「道の駅」で買った辛み大根の種をまいて育てたらしい。今日は冬至、ざるそばに好きな魚を焼いておろしからみ大根で食べ、ゆず湯に入る・・・こんな時の献身の対象は「己・おのれ」自身、それをごほうびと言うのかも知れない。
 

土・日の行事は・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月19日(月)09時30分39秒
返信・引用 編集済
   土曜日は「いも畑」の整地作業、午後は近くの府立高校生の「弦楽器の演奏会」、それに昨日はこれも近くの私立高校生の「クリスマスキャロル」と「研修会」と続いた。いも畑の作業は若い世代の多い集まりだが、会館での作業は飾り付けやイス並べと受け付けの役割は、高齢の方ばかりで気遣う仕事も多い。老々行事は老々介護とは似て非だが、いずれも若い世代の役割分担や交流が大事に思う。同世代のものだけの集まりは「次へつながらない」ところが気になる。  

振り返ると・・・

 投稿者:小島  投稿日:2016年12月16日(金)08時50分57秒
返信・引用
   そば打ちを習っていた頃は。食べられそうにもないそばを打っていたことの方が多かった。打って持って帰っても冷蔵庫に入れたまま幾日も経ち、やがて捨ててしまうこともたびたびあった。受講料も交通費もムダになる切ない気持ちになったことも多々あった。「向いていないのかな?」との思いのよぎることもあったが、とにかく「打ちたい」気持ちの方が強かった。教室ではもっとも古株になるまで通ったことになる。やがて、少しは打てるようになって続けることの一念は大切に思えた。

 昨日はSさんのそば打ち日、今年は11回通ってこられた。水廻しから、ねり、丸出しそしてのしまですべてがうまく進み・・・切りも含めて今年一番のできではなかったかと思う。千里の教室でお知り合いになり、こちらの教室に通ってこられて7年目になった。

蕎麦粉(上川町産)800g つなぎ(カメリア)200g 加水量448cc
 

/40