teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


同好会などありましたら

 投稿者:山岸昭人  投稿日:2014年 9月11日(木)15時44分42秒
  高校時代にボートをやっていて今も時々漕いでいる50代後半のおっさんです。

横浜の鶴見川や、埼玉県の戸田で小さな大会があるときに参加していますが、何しろ遠過ぎます。一番近い小見川で同好会でクルーを募集していましたらメンバーの端っこに加えていただければ、と思う次第です。なお同好の士は茨城県に3名ほどおります。

ご連絡をお待ちしております。

http://blog.canpan.info/cutter_crew/

 
 

事故

 投稿者:vvv  投稿日:2013年10月27日(日)23時43分33秒
  ツタヤ ビデオ 最上級生 理由なし 首○○○○○ー  

業務上過失傷害

 投稿者:船長  投稿日:2012年12月28日(金)16時35分24秒
  12月26日の黒部川での事故について、主催者側(県?協会?)が
「短時間のうちに風と波が強くなり既に避難の指示を出していた。」
といい、中止の判断は妥当と述べているが、
そもそも、開始前の段階で気象情報や天気図から風が強くなるのは、
中学生でも予想できる程度の状況であり、
気温や水温が低い状況では転覆した際のHypothermia(低体温症)の危険性もあるため、
妥当とはいえません。
今回の主催者は、日本ボート協会発行の「ローイング安全マニュアル (2011年度版)」
を熟知していたのでしょうか?
マニュアルのP22に
「特に水温15℃以下の場合,新人,ジュニア,シングルスカルの出艇条件を厳しく設定しましょう」
と記載されています。
熟知していたのであれば、このような無謀な練習はしなかったはずです。

二度とこのような事故が起きないよう、今回の主催者は、指導者講習受講からやり直すべきです。

参考:日本ボート協会「ローイング安全マニュアル (2011年度版) 」
 

プログラムを、遂行する事が、成功では無い

 投稿者:積難は成事にあらず  投稿日:2012年12月28日(金)04時37分23秒
  東日本に、強風の予報が出ていたにもかかわらず。
プログラム中止を決定したあとの批判に、堪えられないかたがたの決断ですからね!
教育現場のレベルがわかります!(;o;)
ボートの破損の修復費用は?、協会、現場の指導者の実費負担はを決定しているでしょうが
天気図カラノ予測が出来ないのは
千葉 茨城の気候がよいからですね!\(^o^)/
 

驚きました

 投稿者:KANON  投稿日:2012年12月27日(木)20時56分42秒
  とにかく皆さん無事でよかったです。
水、風、川・・・自然を甘く見ないで下い。
大人の危機管理意識が低すぎます。
生徒たちを犠牲にしないでください。
 

みんな無事でよかった。

 投稿者:どらごん  投稿日:2012年12月27日(木)19時04分57秒
   遭難の報を聞き、びっくり腰をぬかしました。それもカヌーでしたから。私はカヌー関係者ですのでいっぱい心配しました。報道はカヌー、カヌー。地元の方もカヌーとおっしゃり、最悪の結果によってはジュニアカヌー競技はもう、おしまいかと思いました。でも、みんな助かったと聞いてどれだけ喜んだことか。涙が出ました。嬉しくて。そのあと、今回の事故がボート(漕艇競技)とわかり、複雑な気持ちになり、なぜ漕艇はライフジャケットをつけないのかという疑問につきあたっています。カヌー競技はジュニア(高校生以下)はライフジャケットの装着が義務付けられています。水の上のスポーツは危険きわまりなく、こんな冬の練習はレスキューや天候に関して絶対万全にして対応しておかなくてはならないと思います。  

会見の態度高慢!

 投稿者:浜松のりょう  投稿日:2012年12月27日(木)11時06分30秒
  今までの経験を過信した態度での会見だった。
高慢で、何でこういう会見が必要になったのかが理解でいていない様なレベルの低い人たち?。
彼らが今後も表舞台に立つようではボート競技界の恥、即刻責任を取って辞任すべき。
次の防止策の策定も、こういう人たちからの発表では保身策にしか映らないのでは!。
また、今日にでも事故の反省の弁が記載されているとH/pを見てみても、なんらコメントが無い状況。
すべてについて、対応が遅すぎる!!。
 

教訓にして下さい

 投稿者:高校生の母  投稿日:2012年12月27日(木)10時09分32秒
  あの時速報を見て、もうすぐ正月なのに高校生が・・・こんなことに・・・その後の速報で全員救助と流れ、涙が出てきました。私の回りではボートをやる人もいませんが、ただ、私は高校生の母です。全員が救助されて本当に本当に良かったと思います。親御さんたちも今は安堵しかないと思いますが、さて、この転覆は何が原因だったでしょう?そこを協会、指導者、親たち、また本人達も良く肝に銘じなくてはなりません。また、指導者は、ボートに乗っているのは高校生、体は大きくても精神はまだ子供です。指導者がやれと言ったら、それに逆らえない全体の雰囲気が出来ているのでないでしょうか?これこそがパワハラです。また、子供たちは、皆で今日のこの天候は危険かもしれないと大人にも意見する勇気を持たなくてはいけません。主将だけでなく、部員一人一人が自分の命を守る責任を持っていると思います。数校のボート部が参加した練習だったとか。どなたも今日のこの天候は止めようとか意見する人はいなかったのですか?途中から風が出てきたらすぐに対応する準備、危機管理を大人がしていかなくてどうするんですか。浜名湖のボート転覆を思い出しました。ライフジャケットを付けていても人は簡単に死にます。自然をなめてはいけません。今回の事故から水の恐さを今一度良く考えて全国のボートに関わる人たちの教訓にしないといけないと思います。  

謝罪

 投稿者:カズ  投稿日:2012年12月27日(木)08時21分55秒
  今すぐ謝罪の言葉をホームページに載せなさい!!幼稚園児でも謝るよ!!協会維持の為に謝罪して下さい  

命が

 投稿者:カズ  投稿日:2012年12月27日(木)08時17分3秒
  命が助かったから良かったけど、最低なボート協会だ。虐待と同じですよ。今すぐ役員全員辞めるべき。当時監視していた者は協会から辞めるべきだ。  

26日の黒部川での事故後に行われた会見について

 投稿者:ないしょ  投稿日:2012年12月27日(木)08時11分8秒
  協会の責任回避に終始した印象で、今後の防止策などの検討についても
一切言及しない姿勢は良くない思う。
「風速は計るべき」とあったが、基準がなく勘に頼るだけでは計る意味は薄い。
今後、何も対策をしないなら、また同じような事故を繰り返すことになるのでは。
 

人としてどうか

 投稿者:保護者の一人  投稿日:2012年12月27日(木)07時39分25秒
  ニュース拝見いたしました。

テレビで流される映像などは、一部なのでそれだけを見て、断言はできませんが…

態度と言葉の端々に、「責任を回避することが第一」「ボートなんだから転覆することだってある。ちゃんと救助できたんだから何が悪い」という本意がハッキリとみられます。

経緯や責任の所在はどうであれ、委託をうけた仕事でこのような事態になったのだから、少しは「申し訳ない」という気持ちを持てませんか?

誠意を謝罪の気持ちがあるなら、あんな言葉を選んで発言したり、高圧的な態度や表情などなさらないはずです。人としても徳がないと思います。

また、HPのトップにも事故の報告と謝罪がないですよね。
法人の体質自体が悪いところは大体そうです。

記者会見にならんだ方はもちろん、協会の方ひとりひとりに、社会人として、人としてどうあるべきかしっかりと考え生きて行っていただきたいです!


 

無責任な発言

 投稿者:船長  投稿日:2012年12月27日(木)06時37分12秒
   記者会見で右側に座っていた協会関係者の発言の無責任と言うか高慢なもの言いに立腹しました。
 現場の気象は朝から北西の風10m近く吹いており、筑波山山頂もハッキリ見える状態
つまり地元で言われる「筑波おろし」が吹き付ける状態でした。

 それを朝9時の時点では「風もそんなに吹いていなかった」なんていい加減な説明をし責任回避をするようなもの言いは納得出来ません。
 一昨日の予報天気図でも発達した低気圧がオホーツク海を東進して西高東低の気圧配置になり季節風が吹き荒れるのは予想出来たはず。

 猛省を求めます!!
 

 投稿者:  投稿日:2012年12月26日(水)22時31分17秒
  事故が起こった以上、判断が誤っていたということ
他人事のようなコメントは如何なものでしょうか
リスク管理の甘さに腹立たしさを覚えます
 

本日12月26日ボート事故について

 投稿者:林 邦之  投稿日:2012年12月26日(水)19時55分53秒
  本日午前、黒部川での高校生遭難事故について蛇足ながら愚見を申し上げます。今後の再発防止にご参考としてください。
問題点はただ一つ。漕艇ビギナーにスカールを漕がせたこと。
すべてのボートの中で最も高度の漕艇技術が要されるのはスカールであり、風と波に最も抵抗力を欠くのがスカールです。初心者にはまずシェル艇でなくナックル艇で練習を積むことが重要です。
今後のため、再考いただき、遭難事故は絶対に避けていただくことを強くお願いいたします。
 

遭難の猛反省を~

 投稿者:ボート愛好家  投稿日:2012年12月26日(水)19時39分35秒
  天気予報の理解度がなっておりません。
判断の甘さより理解力の不足です
まさか天災なんて思っていないでしょうねえ~
死者でも出してれば過失致死罪ですよ
 

国体関東ブロック結果

 投稿者:足蹴り  投稿日:2011年 8月 6日(土)06時50分39秒
  毎日暑い日が続く、みなさん熱中症に注意です。
ちょっと古くなったが、7/24関東ブロック決勝の結果(潮来)です。
少年女子1X塚越  2位 通過
少年男子1X小林  6位
少年女子2×    6位
少年男子2×    4位
少年男子4×+   1位 通過
成年女子1×浅野  4位 通過
成年女子2×    6位
成年女子4×+   6位
成年男子4+    2位 通過

少年の小林君の元気がないのが気になります。
昨年の全日本ジュニァ2位アジアジュニァ選手権代表からして。
残すは総体、悔いの残らないように力漕することを期待します。
 

いよいよ千葉国体です。

 投稿者:足蹴り  投稿日:2010年 9月23日(木)21時50分20秒
  いよいよ千葉国体が開幕します。
26日から小見川黒部川で、
2005年の高校総体から早5年
団体種目での上位入賞が期待できる
近年です。
一日一日伸びている、選手の成長に感動したいと思っています。
皆さん千葉県選手に
応援しましょう、黒部川で!
 

インターハイおめでとう

 投稿者:足蹴り  投稿日:2010年 8月12日(木)06時18分38秒
  http://www.hs-rowing.jp/
沖縄インターハイ
SS佐原塚口君、DS銚子商高橋君、鎌倉君全国制覇優勝おめでとうございます。
クオウド小見川高校は選抜との2冠、昨年からのV2ならずも
4位入賞お疲れさまです。
準決トップのタイムで上がり、決勝では予選で勝った今治西が2位、
何かのアクシデントがあったのかなと思いますが。
連続での決勝進出し、伝統を継続し積み重ねることが大事
がっかりせず、胸を張って帰ってきてほしいと思います。
高校生の残りの大会は、小見川での国体
代表選手は、地元の声援で
有終の美を飾れることを期待します。
総体の全選手、関係者の皆さんごくろうさまでした。
国体では、みんなで黒部川へ行き千葉県を応援しましょう。
 

知りたい!

 投稿者:知りたいママ  投稿日:2010年 8月 6日(金)16時03分10秒
  最近新しい情報がUpされていません(悲しい)
どなたか最新の情報をお知らせください。
いつも足蹴りさんの情報を見ています。
 

レンタル掲示板
/4